あなたはミロコマチコの絵を見たことがあるだろうか。

 シマウマ、ゴリラ、キツネザル。名前のわからない花や蝶、葉っぱにトウモロコシ。画面いっぱいに(ときどきははみだして!)力いっぱい躍動する動物や植物は、まざまざと「いのち」を感じさせる。ときに鮮やかな原色で、ときに漆黒の中に単色で。でもどの絵にも、絵を描くことの自由さ、楽しさが爆発していて、見ているとなぜだかわくわくしてくる。



「なるべく大きな気持ちで絵を描いて なるべくどきどきする心で

おはなしをつくって生きてゆきたい」というミロコマチコ

©YUICHIRO TAMURA


 その独特のタッチで、2012年のデビュー作『オオカミがとぶひ』で第18回日本絵本賞大賞を受賞。以降、たくさんの絵本作品を発表し、今年8月には絵本『けもののにおいがしてきたぞ』がブラティスラヴァ世界絵本原画展の金牌を受賞するなど、国内外で高い評価を得ている。


 アルフレックス東京では、店内でミロコマチコの作品を展示する特別企画を2015年から毎年開催。今年も、10月19日(木)から31日(火)の期間限定でアルフレックスのインテリア空間にミロコマチコの作品が展示される。楽しみなのは、絵画だけでなく立体作品も登場することだ。店内をそぞろ歩きながら、自由で楽しい「いきもの」たちに出会うことができる。



2015年のイベントでのライブペインティングのもよう

©YUICHIRO TAMURA



 期間中、2つのライブペインティングも開催。さまざまな音をバックに、「山フーズ」の食とのユニークなセッションが生まれる「ライブフード&ペインティング」(10月19日)と、音楽家haruka nakamuraのピアノとともにキャンバスに描く「ライブペインティング」(10月28日)。こちらも予約不要、参加無料で楽しむことができる。




店内にはストーリーと絵を手がけた

最新刊『まっくろやみのまっくろ』(写真上)の原画も初展示。

抽選で10名に、ミロコマチコの直筆サインと当選者の名前を入れた

スペシャルなサイン本が!

またアルフレックス東京、アルフレックス玉川への来場者全員に

オリジナルの“いきもののしおり”が渡される

PHOTOGRAPHS; COURTESY OF ARFLEX JAPAN



 今回のテーマは「いきもののおまじない」。<おまじないは想像すること。見えない向こうにいきものたちがいるかもしれないと想像する。信じることで自らのいきものを作り出す>というミロコマチコ。彼女の心の中に潜み息づいているたくましい「いきもの」たちに、出会いにいってみませんか。




ミロコマチコ いきもののおまじない


会期:10月19日(木)~31日(火)

営業時間:11:00~19:00 水曜定休

会場:アルフレックス東京

住所:東京都渋谷区広尾1-1-4 恵比寿プライムスクェア1F

電話:03(3486)8899

公式サイト



――――――――――――――――――

<同時開催>

絵本『ヒワとゾウガメ』原画展

会期:10月12日(木)~10月31日(火)

営業時間:11:00~19:00(不定休)

会場:アルフレックス玉川

住所:東京都世田谷区玉川1-14-1

二子玉川S.C.テラスマーケット2F

電話:03(5717)9222






  • 1