カール ラガーフェルドが、光や影と戯れるような、ユニークな視点で捉える
© Karl Lagerfeld
 2008年にヴェルサイユ宮殿で開催され好評を博したカール ラガーフェルド写真展『太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影』が、2017年1月18日(水)から2月26日(日)までの期間、 東京・銀座のシャネル・ネクサス・ホールにて開催される。
© Karl Lagerfeld
『太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影』は、ヴェルサイユ宮殿で開催された同展から作品を選りすぐり、日本初公開として開催される。プリントは、羊皮紙を模した紙を使い、スクリーンプリントによって制作されたもので、ラガーフェルドの希望により、鑑賞者が紙の質感や画像の細部まで堪能できるよう、作品をガラスやフレームなどで額装はせずに、直接壁に取り付けるというシンプルな方法で展示。「紙こそが、私が最も好む素材です。私にとっては、あらゆるクリエイティヴィティの出発点でもあります。そして写真の場合、それは最高潮に達した最終の成果なのです」と話すラガーフェルドならではの世界観が広がる、貴重な機会となっている。

カール ラガーフェルド写真展『太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影』
開催期間:2017年1月18日(水)〜2月26日(日)
会場:シャネル・ネクサス・ホール
東京都中央区銀座3-5-3シャネル銀座ビルディング4F
営業時間:12:00〜20:00
※入場無料、無休
公式サイト: http://www.chanel-ginza.com/nexushall/2017/versailles/

  • 1