ヴィクトワールと宮司夫人。

藪原神社は飛鳥時代に創建された。後ろに見えるのが「八品社」



 パリ左岸にある総合美容薬局「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」。この店のルーツは、19世紀にさかのぼる。1803年に調香師ビュリーが香粧品の開発に着手し、「オフィシーヌ・ユニヴェルセル」という名を掲げた香水と香り酢の店を開いたのが始まりだ。そして時を超えた2014年、ヴィクトワール・ドゥ・タイヤックとラムダン・トゥアミのカップルが、この伝説の店を蘇らせた。ふたりが世界各地を旅して集めた知られざる「美の秘密」、美容に役立つ天然素材を用いた製品や道具が置かれた「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」は、一躍評判を集めパリの人気スポットに。そして2017年4月、東京・代官山に日本第一号店がオープンした。


 オープンに先立ち、ヴィクトワールとラムダンは日本に移り住んだ。彼らの目的のひとつは日本の「美の秘密」を探すこと。大成功に終わった代官山店オープンから数日後、ヴィクトワールは再び旅に出た。


 ヴィクトワールが向かったのは、長野県にある木祖村だ。新宿から電車を乗り継ぐこと3時間半、木曽川の源流の地でもある山あいの村は、「おろくぐし」の産地としても知られている。おろくぐしは、この地方でとれる“みねばり”の木を原料としたくしで、江戸時代前期から木祖村の藪原宿で作られてきた。



「木祖村郷土館」でヴィクトワールに伝統的な「手挽きぐし」作りを

見せてくれたおろくぐし組合組合長の北川聰さん



 村に着いたヴィクトワールは、まず藪原神社へと向かった。藪原神社の神域にはくしの神様を祀る八品社がある。現在の八品社の社殿は1816年に建てられたもので、今もくし職人たちは櫛を挽くにあたり心身を清めるべくこの社に日参している。