待ちに待った「ディオール アート オブ カラー展」がやってくる。ディオールにまつわる12の色にインスピレーションを得た作品を納めたアートブック『アート オブ カラー』。その刊行を記念して2016年10月にNYで開催された展覧会が、世界各地を巡回し、ようやく日本で開催される運びとなったのだ。



左は2016年10月に刊行された『アート オブ カラー』の表紙

PHOTOGRAPH: SERGE LUTENS 1968



 アートブックの表紙は、イエローのアイシャドウでまぶたを大胆に彩った女性の顔。これは1967年からアーティスティック イメージディレクターを務めた鬼才セルジュ・ルタンスの作品だ。ディオール ビューティを象徴する言葉のひとつに「Dare We Dior?(ディオールを取り入れる勇気はある?)」というコピーがある。1949年にアヴェニュー・モンテーニュのディオール本店にて、口紅「ルージュ ディオール」が限定品としてローンチされる際に使われたこのコピーは、大胆な色使いを臆することなく使いこなし、絶対的なフェミニニティを体現するディオールのスピリットを見事に言い当てている。


 セルジュ・ルタンスに始まり、ディオールを代表するメイクアップアイテム、5色のアイシャドウパレット「サンク クルール」を生み出したティエン、そして現在のディオール メイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクターとしてエッジの効いたメイクアップでヒットを飛ばし続けているピーター・フィリップス。数多くの色を操る彼ら偉大なアーティストをはじめ、著名なクリエイターたちの作品を写した華麗な写真を通して、カラーというものがいかに女性を美しく、幸せにしてくれるものかを教えてくれる展覧会となっている。



サンク クルール〈アート オブ カラー〉¥7,700

ディオール オンラインブティック、表参道ブティック限定で発売。

※数量限定のため、なくなり次第終了

COURTESY OF DIOR



 そしてビューティアディクト、ディオールアディクトなら見逃せないのが「ディオール アート オブ カラー展」限定のアイシャドウ パレット、サンク クルール〈アート オブ カラー〉だ。現在のディオール メイクアップ クリエイティブ &イメージ ディレクターのピーター・フィリップスが、「アート オブ カラー」にインスピレーションを得て、クリエイトした特別なサンク クルール。パレットに納められているのは、ポップな赤や青、黄色に緑、そして白という、いずれもディオールにとって欠かせない色たち。さらに「ART OF COLOR」のエンボスが施されたスペシャル仕様。この貴重なコレクターズアイテムは争奪戦必至だ。




「ディオール アート オブ カラー展」

会期: 4月12日(木)~21日(土)

会場: SO-CAL LINK GALLERY

住所:東京都渋谷区神宮前4-9-8

開館時間:11:00 ~19:00

(最終入場は終了30分前。土曜のみ21:00まで)

入場無料

公式サイト






  • 1