自分の顔は自分がよく知っている。トレンドを追いかけるよりも、自分の定番メイクがベストだと思っているかもしれない。しかし、メイクにもアップデートが必要だ。いつまでも変わらないためには、変わり続けること。新しいアイテムを取り入れることで、簡単に今っぽい顔になれるのだから、使わない手はない。


 2017年の秋冬メイクは、70年代のグラムロックを思わせるパールやグリッター、ダークな目もとがトレンドの一つ。中でもアイライナーは豊作で、定番のブラックに限らず、さまざまな色と質感が勢揃い。そしてこのアイラインこそが「あれ、なんか変わった?」と、こっそりメイクをブラッシュアップできるアイテムなのだ。


 大人のアイメイクは、目を大きく見せることではなく、ぼやけがちな顔の印象をピリッと引き締めることが大切。そのためには“面”よりも“線”のテクニックが効いてくる。トレンドを取り入れながら、たるみやくすみなどの目もとの悩みもカバーできる、一石二鳥のアイライナーを選びたい。


COURTESY OF THREE


THREE

ニュアンスカラーで、ラインのガタつき問題も解決


  ただのブラックやブラウンとは違う、奥底に色味が潜んだ絶妙カラーが揃うスリーの「キャプティベイティングパフォーマンスフルイドアイライナー」。シックなブラウン、ダークモーブ、グリーンがかったアッシュ、明るいコッパーブラウンなどのニュアンスカラーを目もとに仕込むだけで、アンニュイな女らしさが生まれる。また濡れたようなツヤ感が、目の形に合わせて自然な立体感をプラス。アイラインだけが悪目立ちすることもなく滲みにくいので、最近アイラインがキレイに引けない……なんて人にもおすすめだ。


キャプティベイティングパフォーマンスフルイドアイライナー 

全5色(新3色、限定2色)各¥3,300

8月9日(水)発売


スリー

フリーダイヤル:0120-898-003

www.threecosmetics.com/



COURTESY OF NARS


NARS

微細なメタリックパールが目もとのくすみを払拭


  モードなカラーが揃うナーズの「コーライナー」に加わったのは、赤みを帯びたブラウンほか、秋らしい深みのある3色。するすると滑らかな質感のペンシルタイプで、テクニックがなくても思い通りのラインが描けると人気のアイテムだ。ライトなブロンズ、ディープなブルーには、メタリックなパールをたっぷり配合。瞬きするたびにチラチラと輝くパールが表情を与え、くすみがちな目もとを明るく見せてくれる。目のキワにインラインとして仕込めば、白目をキレイに見せてくれる効果も。


コーライナー

新3色 (8231、8232、8233) 各¥2,800

8月10日(木)発売


ナーズ ジャパン

フリーダイヤル:0120-356-686

www.narscosmetics.jp


COURTESY OF YVES SAINT LAURENT


Yves Saint Laurent Beauté

今季トレンドの本命、濃密カラーは引き締め効果も抜群


  グラムなトレンド感あふれるイヴ・サンローラン・ボーテの「リキッドクチュール アイライナー」。驚くのはその発色の良さ!ぼやけがちな目もとをクリアな色味がきっちり引き締め、マット、サテン、メタリックなどの異なるテクスチャーがいっそうカラーを引き立てる。たとえばツヤを抑えたマットな「ノワール ミニマル」で、いつものブラックアイラインをちょっぴりモードに。またピーコックグリーンの「ヴェール バジック」を目尻にワンポイント入れれば、アイシャドウよりも自然で印象的なカラーアイが完成する。


リキッドクチュール アイライナー

全8色(新3色、限定5色) 各¥4,200 7月28日(金)発売


イヴ・サンローラン・ボーテ

TEL. 03(6911)8563

www.yslb.jp







  • 1