いきいきとした喜びとロマンティシズムを感じさせる「シニョリーナ イン フィオーレ」 FERRAGAMO PARFUMS

 エレガントに、自由闊達に現代を生きる、フレッシュなフェラガモウーマンのために生まれたフレグランス「シニョリーナ」。2012年の1作目から4作目まで世界的ヒットを飛ばし、フレッシュな香調はとりわけアジアで人気を博した。第5作目となる「サルヴァトーレ フェラガモ シニョリーナ イン フィオーレ」の3月1日発売を前に、調香師、エミリー・コッパーマンが来日。香りについて話を聞いた。

 

「シニョリーナ イン フィオーレ」を手がけた調香師、エミリー・コッパーマン。18歳を筆頭に3児の母でもある。 FERRAGAMO PARFUMS

「アジアの女性のために、と聞いて真っ先に桜の花、満開の桜が思い浮かびました。ひと言で表現するなら、ジョイフルな香り。でももちろん、フェラガモらしいエレガントさも忘れるわけにはいきません。

  難しかったのは、桜の花はとても香りがソフトなので、そのイメージを守りつつ香りを創ること。梨やザクロ、ライチでみずみずしさを出したのですが、そこにほんの少しのベルガモットを加えたのがこだわりです。ベルガモットは大人っぽさを添えると同時に重たさにもつながってしまうので、あえて最初の30分程度しか香らない量に調整したのです。フェラガモの革製品のイメージから、ドライダウンにはパチョリとサンダルウッドを選びました。パチョリはインド産が多いのですが、今回は希少なオーストラリア産を使用。パチョリも、“ハイパチョリ”と呼ばれる、最初に抽出した一番搾りのような濃いエキスを使うなど、素材も厳選しました」

 

  今回はジャーナリストに向けたプレゼンテーションに参加するため、たった半日の滞在のためにパリから来日したエミリー。1ヶ月ほど後なら日本の桜が見られたのにと声をかけると、「そうなの。日本には何度か来てるのですが、残念ながらいつもタイミングが悪く、桜を日本で見たことがなくて。でも、パリにも日本庭園的なところがあって、そこの桜を毎年5月に見るのを楽しみにしています。日本ほどではないかもしれないけど、パリの桜もとても美しいんですよ」。