001から続く処方のシリアルナンバー。現在までに2000近くのプロダクトが作られている。 COURTESY OF F.G.J

昨年3月、阪急うめだ本店内に日本に初のショップがオープンした「シー・オー・ビゲロウ アポセカリー」。“アポセカリー”という名は日本ではまだまだ知名度が低いが、欧米では古くから、ひとりひとりの顧客に対面し、西洋医学と植物学をベースに心身の健康増進や傷病治療のための薬やアロマを処方・販売する「調剤薬局」として親しまれてきた。
「シー・オー・ビゲロウ アポセカリー」は1838年、ニューヨークのグリニッジ・ビレッジに創業した薬局「Village Apothecary Shop」がはじまりで、アメリカで最も古いアポセカリー・ショップだ。なんとトーマス・エジソンやエレノア・ルーズベルトといった歴史上の人物もこの店を愛用していたという。1830年代といえば、日本は江戸後期、天保の大飢饉で一揆が続発、やがて大塩平八郎の乱が起きた頃…というから、いやはや古い!
その歴史あるブランドから、この2月1日にスキンケアが日本に初上陸となった。

天然のレモンオイルの香りがすばらしいレモンシリーズ。「ボディクリーム レモン」は1870年発売当時の処方にもとづく伝統的な製法でいまも作られている。 COURTESY OF F.J.G

「Honest, Genuine,Trustworthy」を信条に、顧客のニーズにあわせて必要とされるものを真摯に作り続けてきたシー・オー・ビゲロウのアイテムは、ボディやリップケア、バスアイテムなど多岐にわたるが、いずれも男女問わず使える“シェアドコスメ”であることも大きな特徴だ。創業時から同じテイストを守り続けているというパッケージも、シンプルかつクラシカルで、ジェンダーレスに使いやすいデザイン。たとえば人気商品のひとつである「ボディクリーム レモン」(ナチュラルなレモンのほのかな香りと、驚くほどのびのいいテクスチャーが絶品!)のボトルには005のナンバーがプリントされているが、これは001ではじまるシリアルナンバーの5番目に作られた処方であることを示している。