数あるスキンケアの中でも、日焼け止めほど進化の早いものはないかもしれない。というのも、消費者が使って結果がわかりやすいのが日焼け止めだからだ。「塗っていたのに焼けた」という烙印を押されたら二度とリピートされないため、メーカーサイドはあの手この手で「絶対、焼けない」ための製品開発に余念がない。


 昨年は、紫外線以外にもシミを作る要因となる大気汚染やブルーライト、遠赤外線などからの害も防ぐマルチプロテクターが一大トレンドとなった。今年のトレンドは、何といっても“こすれプルーフ”(フリクションプルーフ、タッチプルーフともいわれる)という新しい機能だ。ハンカチで拭いたり、バッグの持ち手や水着の肩ひもでこすれたり。物理的に日焼け止めが取れたせいでうっかり焼けてしまったという毎夏のあるあるエピソードからも、この“こすれプルーフ”の日焼け止めによってついに決別できるかもしれない。




(左から)こすれた塗膜を元に戻す力を備えた新処方。

汗や水だけでなく、物理的なこすれによっても

UVカット力を落とさない。

アリィー エクストラUV ジェル 

SPF50+・PA++++、90g>¥2,100

(編集部調べ・2月16日発売)

カネボウ化粧品

フリーダイヤル:0120-518-520


汗や水に触れると紫外線防御膜がより強くなる従来の機能に

今年は「こすれ」にも強くなって登場。

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク

SPF50+・PA++++、60ml  ¥3,000

(編集部調べ・2月21日発売)

資生堂

フリーダイヤル:0120-81-4710




 また、今季目立つのが、クッションコンパクトタイプの日焼け止めだ。紫外線カット力をキープするにはまめな塗り直しが必須と言われるが、日中、メイクの上からリキッド状の日焼け止めを塗り直すのはなかなかハードルが高い。そんな悩みを解決するのが、クッションコンパクトタイプの日焼け止めだ。メイクの上からポンポンとのせるだけでUVベールをまとい直すことができるクッションならではの手軽さに、ハイライト効果など美肌演出力までプラスされ、塗り直しのハードルはグンと下がった。




(上から)ピンクのオーロラのような輝きでくすんだ肌を

トーンアップ。下地として、またメイク直し時に

焼けやすい頬にのせてハイライト効果を狙うのもいい。

スキン ラディアント グロウ クッション コンパクト SPF50(PA+++)

<SPF50・PA+++、13g¥6,500

ボビイ ブラウン

TEL. 03(5251)3485


メイクの上からトントンとのせるだけで

UV防止力を復活させつつ、ツヤ肌へリフレッシュ。

スノー  ブルーム パーフェクト サン クション

<SPF50・PA+++、15g×2 ¥8,500 (2月23日限定発売)

パルファン・クリスチャン・ディオール

TEL. 03(3239)0618




 ところで、日焼け止めを塗る本当の意義をみなさんご存じだろうか。ひと昔前は単に肌が黒くならないようにという感覚が主だったが、現代ではアンチエイジングの観点から、紫外線ダメージから肌を守ることは必須になってきている。なぜなら、紫外線は正常な細胞や遺伝子を傷つけ、その機能を衰えさせる“活性酸素”を増やしてしまう最大要因と言われているからだ。


 一生懸命エイジングケアをしている一方で、UVケアを怠り、紫外線を浴びて活性酸素を増やしてしまったのでは努力は水泡に帰することに。強い酸化反応を引き起こす活性酸素によって角層が酸化すれば、くすみやキメの乱れ、乾燥などの症状が現れる。また、表皮のメラノサイトの中のチロシンが酸化して黒ずむことでメラニンが生まれ、これが将来のシミとなる。つまり、活性酸素を増やさないことが、くすみやシミの抑制に大いに役立つということだ。


 そんな中、今年のUVケア製品でもうひとつ特徴的だったのが“美白系”だ。紫外線を防ぐ一方で、活性酸素を消去するビタミンCなどの抗酸化物質を配合し、美白機能をもたせたものがいくつも登場している。UVケアは、いまやエイジングケアであり、美白ケアでもある。肌自らが本来もつ「活性酸素を消去する力」が衰え始めた大人世代なら、こうした美白系UVケアを取り入れてみるのもおすすめだ。




(左から)3種類のビタミンC誘導体を高濃度で配合。

国内最高指数のUV防止力で肌を守りながら、ビタミンCが

肌内部で抗酸化力を発揮してUV抵抗力を高めてくれる。

オバジC マルチプロテクト  UV乳液

<SPF50+・PA++++、30ml ¥3,000(3月10日発売)

ロート製薬

TEL. 03(5442)6098


美白&肌あれ防止有効成分のトラネキサム酸を配合。

これ1本で化粧水・乳液・美容液をつけたような

スキンケア実感が得られるので、

あれこれ重ねたくない夏の肌にも快適。

サンメディックUV 薬用サンプロテクト EX a

 <SPF50+・PA++++、50ml ¥2,100

資生堂薬品

TEL. 03(3573)6673






  • 1