茶室披きのとき

武者小路千家 千宗屋若宗匠(写真左)と杉本氏

©SUGIMOTO STUDIO, COURTESY OF SO - OKU SEN, ODAWARA ART FOUNDATION

 ニューヨークで活動する現代美術家の茶室といえば、杉本博司の名が挙がる。杉本もニューヨークのスタジオに隣接する一室に自身の茶室を造った。もともとは自身や親しい古美術商の店舗、現代美術ギャラリーの内装設計で定評を得てきたが、建築パートナーの榊田倫之とのユニット〈新素材研究所〉として、東京ミッドタウンのセレクトショップ「ISETAN SALONE」、2017年2月にリニューアルオープンする熱海のMOA美術館の展示室の大規模な改装まで手がけるようになった。建築家にとって、やはり茶室を造るのは特別なことなのだろうか。自作の茶室は夢の実現だろうか。

 

「いや、全然そういうことじゃなくて、リーマンショックのとき、隣の画廊が夜逃げして空き部屋になってしまったので、それじゃあ借りて、ストレージや倉庫として使おうかと考えていたんです。吹き抜けで二層になるいい物件だった。でも倉庫を設計していたら、なんかもったいない気持ちになってきて。自分の作品や古美術品を美しく見せる場所をつくろうと思って」

ニューヨークのスタジオに隣接したスペースに造った茶室「今冥途」

画面左側一面の西向きのガラス窓からはハドソン川をダイナミックに望む。夕日が美しい。三々五々集まり、シャンパンのグラスを傾けたあと、和蠟燭をともして茶会が始まる。茶室は戸を開け放せばステージのようになるし、戸を立てて閉鎖した空間にするのも簡単だ。外国人の客も多いので、この上がり框の手前に立礼の席がある。まさに舞台と客席のように

© SUGIMOTO STUDIO, COURTESY OF ODAWARA ART FOUNDATION

 1980年代にはニューヨークのSOHOで古美術商を営んでいた経験もある杉本。古美術に関しては玄人。茶席の機会も多かったのだろう。その茶室は、露地や待合からハドソン川に沈む夕日が眺められる。

 

「日没前に集まって、あ、日が沈むって見て、それからだんだん闇になっていくうちにロウソクが出てくる。そういうのもいいものですよ」

 

 独自の設計がよく考えられていて、四畳半の茶室は遮蔽することもできるし、開け放てば小さなステージのようでもある。待合にあたるスペースにも床があり、目のもてなしはそこから始まっている。古美術の収集家でもある杉本はこの床を舞台にさまざまに楽しませてくれるが、ときにはエルズワース・ケリーのリトグラフが当たり前のように掛かっていることも。この茶室は杉本が敬愛する美術家、マルセル・デュシャンへのオマージュを込めて「今いま冥めい途ど 」と名づけられた。茶室披びらきは、美術家のキキ・スミスや写真家のアンドレアス・グルスキーも訪れた華やかなものだった。