21. 宿(としゅく)

カリスマ性No.1 向上心に満ちた






全体運

 2018年は、努力が実を結ぶ運気が到来。真面目さが認められ、実力を発揮できる。責任感や重圧を感じたり、しきたりを重んじなくてはならない場面もあるが、伝統的なものに縁が深い斗宿なら、うまく対処できるはず。公私ともに人間関係が重要。2019年は運気の転換期なので、時間をかけて良い環境を作っておくこと。面倒がらずに周りとの関係を築いていけば、全体的な運気もいい方向に。

 恋はオープンにする運気。フリーの人は4月は16日までが出会い運好調。5月13日は恋愛の運気の変わり目、自分の気持ちに素直になって。パートナーとの関係が曖昧だと、5月14〜20日の「魔のウィーク」以降は風向きが変わり、うまくいかなくなることも。互いの活動をサポートしあい、絆を深めて。

 5月14日からの「魔のウィーク」は、体調に不安が出やすいので、その前に健康診断などをきちんと受けるとよい。5月以降は出費も増えるが、今年はケチケチせず使うべきところは使ったほうが運気アップに。



仕事運

 希望の仕事ができたり、やりがいを感じて取り組めるとき。ただし、立場に縛られ身動きがとりにくくなることも。また、ステイタスや慣習にとらわれすぎて、トレンドを取り入れる柔軟性を失うと、仕事運に悪影響が。人に恵まれるときなので、困ったときは、ひとりで抱え込まず周囲を頼って。4月17〜23日、5月14〜20日の「魔のウィーク」は、狭い心で偉そうな考えをしていては、人が離れていくだけ。謙虚さとゆとりを持って。



斗宿の開運暦をみる


「水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2018年4-5月」TOP へ