フィンガーフードの一例。

「ターメリックでマリネした鶏胸肉 コールスロートルティーヤラップ」、

「スモークサーモンタルタル コーン ドライトマト キヌア アボカド」など、

スーパーフードがたっぷり使われている。

「ブルーベリーとアサイーのタルトレット」、「ココナッツとカカオニブのスコーン」などの

スイーツにもふんだんに

COURTESY OF GRAND HYATT TOKYO



 7月1日から登場するグランド ハイアット 東京の「サマースーパーフード アフタヌーンティー」。フィンガーフードやスイーツにはアサイーやココナッツ、チアシードやゴジベリーといった美容と健康によいとされる “スーパーフード” がふんだんに使用され、ハワイや沖縄のヘルシーティーとともに楽しめる。木の切り株や草原などをイメージしたデコレーションは、自然の中でのピクニック”を感じさせるスタイル。今までにない、斬新なスタイルのアフタヌーンティーだ。


 フィンガーフードには栄養価の高いキヌアやビタミンEたっぷりのアボカドを用いたキッシュ、スイーツにはゴジベリーのドライフルーツやナッツがトッピングされたダークチョコレートやブルーベリーとアサイーのタルトレットなど。“美”と “健康” の素、選りすぐりのスーパーフードが多種、おいしく摂れるのだ。


 アフタヌーンティーは、1840年頃に英国上流社会において始まった習慣だ。第7代ベッドフォード侯爵夫人アンナ・マリアが、女性だけの社交の場において空腹をしのぐために、小さなサンドイッチやビスケットをふるまったのが始まりとされている。日本のアフタヌーンティーは英国のものとはまた趣が違い、現代のニーズにフィットして多彩に進化したオリジナルのスタイルを楽しめるのも一興。



 真夏の昼下がりはこちらの「サマースーパーフード アフタヌーンティー」で優雅なひとときを堪能しつつ、明日の美しさとすこやかさの素をチャージしたい。





「サマースーパーフード アフタヌーンティー」


グランド ハイアット 東京「フレンチ キッチン」

住所:東京都港区六本木6-10-3  グランド ハイアット 東京 2F

電話:03(4333)8781 (直通)

期間:2017年7月1日(土)~9月30日(土)

提供時間:14:30~16:00 LO/

     土・日曜、祝日:15:00~(16:00  LO)

料金:¥3,500(税別・サービス料別)






  • 1