釣瓶のように落ちて行く夕暮れ、家への道をたどる途中に温かいスープをいただけるお店があったなら……。

 そんな妄想をかなえてくれるビストロに、最近、出合うことができた。

 

 大きな一枚板のカウンターに、広々としたオープンキッチン。オーナーの藤澤進大郎さん、侑子さん夫妻がふたりで料理を作っている。進太郎さんは神楽坂「ビコック」で、侑子さんは代々木上原「ル・キャバレ」でそれぞれシェフを務め、今年1月に夫妻で独立、ここ「松㐂」をオープンした。



左が藤澤進太郎さん。右が侑子さん。メニューの内容や仕込みはふたりで。

このお店は進太郎さんの実家である旅館「松㐂」のあった場所に作った。

旅館へのオマージュを込めて、お店の名前に



 メニューはコース一本。いまどき珍しいプリフィクススタイルだ。「お好きなものをしっかり味わってほしいから、コースであっても料理を選んでほしい」という思いが込められている。それぞれ4種類の中から、前菜とメインを選ぶ。前菜より先には、「アミューズ」と呼ばれる突き出しが2皿運ばれてくる。


 アミューズのふた皿目として必ず登場するのが、「スープ・オ・ピストゥ」。これが夫妻の気持ちを伝えてくれる「ひと皿」だ。

 2009年から2010年にかけての1年間、進太郎さんと侑子さんは、南仏はニース近くの二ツ星レストラン「オステルリー ジェローム」で働いた。

「このスープをまかないで食べて、しみじみ美味しかったんです。お母さんたちが作り続けてきた南仏の郷土料理ですね。自分たちがお店を始めたら、必ずこのスープを出そうと決めていました」



「スープ・オ・ピストゥ」¥1,000

21時以降はアラカルトのオーダーが可能。

いんげん豆は必ず入るが、野菜は季節ごとに変わる

 


 季節野菜といんげん豆、ベーコンをコトコト煮たスープ。仕上げにピストゥ(バジルペースト)を加えるのが特徴だ。「松㐂」のそれは、数種類の野菜が一緒に煮込まれているのに、野菜ひとつひとつの味が際立ち、スープそのものがとてもクリア。雑味のない優しい味わい。料理人さんたちに信頼の厚い岩手・石黒農場から取り寄せたホロホロ鳥のスープがベースになっている。ひと匙いただくごとに、身体に染み渡っていくのが実感できる。

 もともとは家庭の味だが、夫妻は食材にこだわり、プロの技を加味して、「洗練」を加えた。藤澤さんたちの、ゲストに対するもてなしの心が、このひと皿にこもっている。


「このスープでまず、ひと息ついてほしいんです」

 はい、ひと息もふた息もつけます。その日の疲れが溶けていく。さあ、これから美味しいもの、いっぱい食べるぞ! とテンションの上がる瞬間だ。


季節のタルト。フランス仕込みのデザートも人気。

冬は「タルトタタン」、初夏には「ベリーのミルフィーユ」が登場



 その後に続くのは、季節感をしっかり取り入れた前菜。初夏ならとれたてのアスパラガスやアーティチョーク、秋ならきのこ、冬なら……。杏、桃、ぶどう、いちじく、柿、いちごなどの季節のフルーツをブッラータチーズと合わせたカプレーゼも見逃せない。メインディッシュのメニューには、クスクスや仔牛のカツレツ、赤ワイン煮込みなどのビストロ定番料理が並んでいる。進太郎さんがセレクトしてくれる自然派ワイン(ヴァン・ド・ナチュール)に、どれもがとても合う。


 近所にあったらいいなと心から思えるお店。そういうお店に多々出合ってはきたのだが、かなり遠いこともしばしば。でも、このお店は、私のほんとにご近所なのです。申し訳ありませんが、バンザイ! 

 夜9時以降はアラカルトでも頼めるので、このスープとワインだけでも幸せになれる。心もお腹も満たしてくれるスープ、「松㐂」にあります。



広々としたカウンターに座れば、侑子さんが料理している姿がよく見える。

営業中は進太郎さんがサービス担当。手があけば料理もする。

お店の雰囲気を決めているのが、

目黒のインテリアショップ「COMPLEX」のオリジナルライト。

温かみのある光に包み込まれるような安心感が




松㐂(まつき)

住所:東京都中野区中野2-33-3

電話:070-3274-3730

営業時間:18:30〜24:00(閉店) 不定休

プリフィクスコース¥5,000

上記にデザートをプラスしたコース¥5,600

公式サイト




「この店の、このひと皿。Vol.2」へ






  • 1