パーク ハイアット 東京では「マスターズ オブ アーツ 2017」と題し、国内外で活躍中の多彩なアーティストとのコラボレーションを展開している。第二弾は日本料理「梢」料理長 大江憲一郎と書家 中塚翠涛とのコラボレーションだ。



COURTESY OF PARK HYATT TOKYO



 岡本作礼をはじめ、名工により作陶された唐津焼や有田焼の器に、書道家の中塚翠涛が大胆に、そして繊細に書を描き、絵付けを施す。その唯一無二の器に、料理長の大江が手がける鱧や鮎,鮑に海老、色鮮やかな夏野菜などの料理が盛り付けられて供される。



COURTESY OF PARK HYATT TOKYO



 皿の上には、中塚が描いた「楽」「月」「薫」「日々是好日」などの文字。器、文字、色鮮やかな菜の競演を、感じるままに自在に楽しむ。書はいろいろな方向から眺めても趣深く、想像をめぐらすのも面白い。ともにテーブルにつく人の器を見るのも、また一興だ。



 古典的な書をもとに、さまざまな題字やロゴ制作などにも携わり、多方面から評価の高い中塚。はじめて書に親しんだのは4歳のとき。墨を含んだ筆の弾力に喜びを感じたことを今も覚えていると言う。昨年末にはルーブル美術館Carrousel Du Louvreで開催されたフランス国民美術協会(ソシエテ・ナショナル・デ・ボザール)サロン展で、「S.N.B.A金賞」および「審査員賞金賞」をWで受賞。国内外で今、最も注目を集める書家だ。今回は「器に書くのは、和紙に書くのとは違う難しさもありました。でも、その試行錯誤も楽しみながら行いました」



COURTESY OF PARK HYATT TOKYO



 アートと美味の一期一会の奇蹟の出会い。このひとときのためだけに創られた器と旬の素材を活かした料理を、五感のすべてで味わいたい。期間中は、中塚翠涛の渾身の作品の数々を店内で鑑賞できるのもうれしい。またプロモーション開始前夜の7/14(金)には彼女のライブパフォーマンスも楽しめるスペシャルディナー、7/26(水)にはワークショップも開催される。




「マスターズ オブ アーツ 2017」第二弾

期間:2017年7月15日(土)~ 31日(月)

時間:11:30~14:30(14:30 LO)

   17:30~21:30(コース 21:00 LO /アラカルト 21:30 LO)

料金:昼席 ¥7,500~ / 夜席 ¥13,000~

   ※サービス料・消費税別



書家 中塚翠涛さんのワークショップ~美文字のすすめ~

日時:2017年7月26日(水)12:00~15:00

料金:¥10,000(ランチ/ワークショップ代込み、飲み物代は含まれず

   ※サービス料・消費税別


問い合わせ・予約:パーク ハイアット 東京 40階 梢

         TEL. 03(5323)3460

公式サイト






  • 1