龍のようにうねりながら丘を這う回廊と、その建物を彩るように咲く桜の花。今後250年をかけて、9万9,000本の桜が福島県いわき市の山を埋め尽くす。この遠大な計画を主導するひとりの男と、彼を取り巻く友人たちの活動をノンフィクション作家の川内有緒が追った

BY ARIO KAWAUCHI, PHOTOGRAPHS BY YASUYUKI TAKAGI

 実は、回廊美術館への資金提供を行なった志賀の友人とは、蔡のことだ。東日本大震災のあと、蔡が美術館を発案・デザインし、志賀と協力しあってオープンにこぎつけた。だから、考えようによってはこの美術館自体が、蔡と志賀の共同の作品と言えるのかもしれない。こんなふうに、ふたりは過去にも多くの作品をつくり上げてきた。

 蔡と志賀の出会いは30年前にさかのぼる。当時の蔡はまったくの無名で、どこにでもいる中国人留学生だった。一方の志賀は、いわきで会社を営む経営者。住む場所も立場も異なるふたりの出会いのきっかけは、蔡の個展だった。「友人がいわきでギャラリーをやっていて、作品を買ってくれって頼まれて。いいよって200万円分くらい買ったんだ。でもアートには興味ないから、作品は事前に見なかったよ」

画像: 蔡のリクエストで掘り出された二艘目の廃船は、《いわきからの贈り物》という作品に生まれ変わり、志賀とその仲間は、この船とともに世界の美術館を巡った PHOTOGRAPH BY KAZUO ONO

蔡のリクエストで掘り出された二艘目の廃船は、《いわきからの贈り物》という作品に生まれ変わり、志賀とその仲間は、この船とともに世界の美術館を巡った
PHOTOGRAPH BY KAZUO ONO

 多数の作品を買った人がいると知らされた蔡は、とても喜んだ。志賀に会うなり、「どうして買ってくれたんですか?」と笑顔で尋ねた。そのとき志賀は、言葉を一片のオブラートにも包むことなく、「だって、友達に頼まれたからだあ!」と答えた。蔡は、そうですか!と大笑いし、ふたりは友人になった。

 蔡はたびたびいわきを訪れるようになり、1993年にはいわきに移り住んだ。そして、人生初となる公立美術館での個展を実現。志賀や大勢のいわきの市民の協力を得て、海の沖合に長さ5㎞の導火線を浮かべ炎を走らせるという、前代未聞の作品《地平線プロジェクト》を実行に移した。同時に、志賀が率いる市民ボランティアは、蔡のリクエストに応えて砂浜から廃船を掘り出し、蔡はそれを使ってインスタレーション作品を制作。それが、現在丘の上にある船(作品名《廻光―龍骨》)である。

画像: 海に炎を走らせる《地平線プロジェクト》(1994年)のために船に乗り込んだ蔡。その後、見事に炎を走らせることに成功した PHOTOGRAPH BY KAZUO ONO

海に炎を走らせる《地平線プロジェクト》(1994年)のために船に乗り込んだ蔡。その後、見事に炎を走らせることに成功した
PHOTOGRAPH BY KAZUO ONO

 個展の翌年、蔡はニューヨークに移住し、世界的に著名なアーティストになったが、志賀と蔡の交流は途切れず、いわきの人々は、蔡の作品づくりを手伝うために、世界7カ国の美術館を巡った。そんな長い友情の日々の末に起きたのが、東日本大震災だった。蔡は今までさんざん自分を助けてくれた友人たちの力になりたいと、この美術館をつくることを提案した。

画像: デンマーク・コペンハーゲンで展示された《いわきからの贈り物》(2012年)。蔡の描いた火薬画に囲まれて。(川内有緒『空をゆく巨人』/集英社より) PHOTOGRAPH BY KAZUO ONO

デンマーク・コペンハーゲンで展示された《いわきからの贈り物》(2012年)。蔡の描いた火薬画に囲まれて。(川内有緒『空をゆく巨人』/集英社より)
PHOTOGRAPH BY KAZUO ONO

 志賀は今この周囲の山々で、9万9,000本の桜を植える「いわき万本桜プロジェクト」を進めている。立ち上げたのは東日本大震災から2カ月後で、「これは俺なりの、仕返しなんだ」と説明する。

 震災の直後、志賀は避難所を回って炊き出しをしていた。
「ほかの被災地に物資が届いているのに、どうしていわきには何も届かないんだろうと思っていたら、トラックのドライバーが放射能の影響で福島には行きたがらないっていう話を聞いたんだ。いやあ、腹立ったよねえ。悔しかったよねえ。俺らは、ずっと東京のために電気をつくってきたのに、急に誰も来たくないような場所になってしまったのかって。だから、桜を植えようと思ったんだ。日本一の桜の名所をつくって、誰でも来たくなる場所をつくろうって。飛行機からも見えるくらいになって、そのときにみんなが来たいって言ったら、来んじゃねー、だって俺らが困ってたあのときに来なったじゃないか、って言ってやろうって思ったんだ」

画像: 蔡の《炎の塔》が置かれた美術館の中庭

蔡の《炎の塔》が置かれた美術館の中庭

 

This article is a sponsored article by
''.