ニューノーマル時代のストレスを賢く軽減し、すこやかに朗らかに生きていく知恵を齋藤 薫が提言。リモートワーク&マスク生活にダブルで“大丈夫”を増やすアイテムを厳選紹介

BY KAORU SAITO, PHOTOGRAPHS BY KEVIN CHAN

 さらに誰もが運動不足になっている今、いわゆる美容機器が大いに売れているというが、せっかくならばリモートワーク中にも“ながら美容”ができる機器をおすすめしたい。思いたったらいつでも筋力トレーニングができるウェアラブル機器がとても進化を遂げている。家にいながらのダイエットは、自らに課す禁止事項ばかりで、どうしても不健全になりがち。むしろ筋力をつけ、基礎代謝を高めて、おいしいものはおいしく食べる、そうした生活が望ましいのだ。

自然に包まれるような香りで
肌も脳も幸福感で満たす

画像7: 新しい日常を美しく生き抜く、
美容の知恵
BY 齋藤 薫 <Vol.8>

(左より)
ジュリーク ハイドレイティングエッセンスCR(カモマイル・ローズ)<50ml>¥5,500
朝、肌も心も脳も同時に目覚めさせるスチーミング用エッセンス。ボウルのお湯に3〜5 滴、香りごと深呼吸したら蒸しタオルを顔にあててさらに深呼吸、そのまま首や鎖骨を温めて鎖骨プッシュで終了、その後の洗顔やスキンケア効果を高める至福のお手入れだ。

ジュリーク・ジャパン
フリーダイヤル:0120-400-814
公式サイト

バウム モイスチャライジング オイル<60ml>¥8,000
部屋の中をまるで森の中にいるかのように感じさせる“香り×二層オイル”の心までみずみずしくする最先端のナチュラルスキン&マインドケア。
バウム アロマティック ルームスプレー1・2・3<100ml>各¥5,000
樹木由来の香りを調合した、森林浴をしているようなすがすがしい香り。

BAUMお客さま窓口
フリーダイヤル:0120-332-133
公式サイト

リモートワークこそ、
絶好の“ながらエクササイズ”タイム

画像8: 新しい日常を美しく生き抜く、
美容の知恵
BY 齋藤 薫 <Vol.8>

(左より)
メディリフト ネックシートマスク(5枚入り)¥4,300
メディリフトネック¥29,000
オンライン会議は思いのほか首やら肩やら上半身が疲れるもの。リモート中はこれを首にはめながらのお仕事を。首筋をほっこり温めながらEMSでピクピクほぐし、胸鎖乳突筋を鍛えて美しい首筋をつくってくれる。

ヤーマン
フリーダイヤル:0120-776-282
公式サイト

シックスパッド フットフィット¥36,800
リモートワークのマストアイテムは、ただ足をのせることで、足裏とふくらはぎを効率的に鍛えられるマシン。おこもり状態で運動はおろか、ウォーキングもできない状況のときに。20段階のパワー調整もどんどんレベルアップしていくよい励みになるはず。

MTG
フリーダイヤル:0120-467-222
公式サイト

マスク時代は、手もとが目立つ!
消毒荒れしている手指ケアにも

画像9: 新しい日常を美しく生き抜く、
美容の知恵
BY 齋藤 薫 <Vol.8>

(左より)
ヴイ セラム ハンド01<127g>¥5,800
顔用にも劣らぬ美肌効果をもたらす手もと美容液。常に酷使される美容師の手荒れを改善し、美しさを取り戻すためにつくられた美容液だから効果は確か。爪までケアして自然なツヤをもたらしてくれる。手洗いや消毒にくたびれてしまった手もとに。

H&BC
フリーダイヤル:0120-369-963
公式サイト

uka レッドスタディ ワン(全6色)各¥2,200
uka ベースコート ステイ¥2,000
uka トップコート シャイン¥2,000
消毒荒れは爪までも。ネイルカラーなのにネイルケア、憧れのレッドネイルをマスターできる濃淡6 色の色設計も有難い。

ukaTokyo head office
TEL. 03(5843)0429
公式サイト

 コロナ禍が始まって約半年をすぎ、「コロナストレスなど、ないない」と思っている人でもストレスは静かに積み重なっている。それを家の中で解消しようとするなら、やはり自分自身を磨き、美しくなった自分を自分に見せること。これが実はかなりのストレス対策になることを覚えていてほしい。そもそもがリモートワークもマスク生活も、人はいつもよりはるかに無表情になりがち、当然、笑顔の数が減り、筋肉が下向きに形状記憶される。だから必要以上に不機嫌になっている悪循環。それだけは避けるためにも、一日何度も鏡に笑いかけ、家族に笑いかけ、つとめて笑顔の数を多くすること、それはヤワな精神論ではない、生物学的にもコロナ時代を美しく生き抜く最強のエイジングケアと考えていいのである。

齋藤 薫(KAORU SAITO)
美容ジャーナリスト/エッセイスト。多くの女性誌で連載をもち、その独自のジャーナリスティックな視点と説得力ある文章に多くのファンをもつ。化粧品の開発・アドバイザーやNPO法人日本ホリスティックビューティ総会理事など多方面で活躍するほか、著作も多数。近著に『大人の女よ! もっと攻めなさい』(集英社インターナショナル)『“一生美人”力 人生の質が高まる108の気づき』(朝日新聞出版)

EDITOR ASSISTANT:CHIKA OHKI

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.