手に触れ、その香りをかぐ。そのとき、薔薇は薔薇として、より美しく鮮烈に人の心に花開く。日本でしか作り得ない新しい花の姿を追求する実験的なファームを、初秋の琵琶湖畔に訪ねた

BY MICHIKO OTANI, PHOTOGRAPHS BY YUKO CHIBA

なよやかなのに、芯がある。個性的な「癒やしの薔薇」

画像: (写真左) 美咲 姿の美しさから名づけられた「美咲」は、ダマスクローズの香りをもつ自慢の品種 (写真右) 葵~(風雅)~ 青みがかったミステリアスな色合いが魅力の「葵」にはいくつかの派生種があり、なかでも「風雅」は蓮の花のような東洋的な美を感じさせ、人気が高い。ちなみに「葵」は、息子・健一さんの長男の名をとって國枝さんが命名。「孫の名前の薔薇をすべて作る」との宣言どおり、これまで4人の孫すべての名を薔薇につけている

(写真左)
美咲
姿の美しさから名づけられた「美咲」は、ダマスクローズの香りをもつ自慢の品種
(写真右)
葵~(風雅)~
青みがかったミステリアスな色合いが魅力の「葵」にはいくつかの派生種があり、なかでも「風雅」は蓮の花のような東洋的な美を感じさせ、人気が高い。ちなみに「葵」は、息子・健一さんの長男の名をとって國枝さんが命名。「孫の名前の薔薇をすべて作る」との宣言どおり、これまで4人の孫すべての名を薔薇につけている

画像: (写真左) 風月 ふっくらとした形が愛らしい「風月」は、「友禅」から派生した斑入りの突然変異種。斑の入り方は一輪一輪異なり、ふたつとして同じ模様の薔薇は生まれない (写真右) かなた 個性派揃いの「和ばら」の中でも特に異彩を放つ形状の「かなた」。「誰もが心の内面に別の面をもっている。『あなた』ではない『彼方』、そんなものを感じさせる花」として、健一さんが命名した

(写真左)
風月
ふっくらとした形が愛らしい「風月」は、「友禅」から派生した斑入りの突然変異種。斑の入り方は一輪一輪異なり、ふたつとして同じ模様の薔薇は生まれない
(写真右)
かなた
個性派揃いの「和ばら」の中でも特に異彩を放つ形状の「かなた」。「誰もが心の内面に別の面をもっている。『あなた』ではない『彼方』、そんなものを感じさせる花」として、健一さんが命名した

画像: (写真左) かぜたちぬ 風に揺れて、匂い立つ。文学的な名前の通りに、豊かなイメージをかきたてる佇まい (写真右) 一心 「一心」は2010年、東京・杉並の小学校で行ったワークショップ型の花の授業で、児童たちとともにつけた名。それぞれに違う人の心を花が一つにするという子どもたちの命名のストーリーに、参加した健一さんは深く胸を打たれたという

(写真左)
かぜたちぬ
風に揺れて、匂い立つ。文学的な名前の通りに、豊かなイメージをかきたてる佇まい
(写真右)
一心
「一心」は2010年、東京・杉並の小学校で行ったワークショップ型の花の授業で、児童たちとともにつけた名。それぞれに違う人の心を花が一つにするという子どもたちの命名のストーリーに、参加した健一さんは深く胸を打たれたという

画像: (写真左) 結(ゆい) (写真右) わたぼうし ミルクティーのような甘い香りの「結」と、ふんわりと重なった花弁が柔和な「わたぼうし」は、ともにブライダルシーンで人気の高い品種。可憐な「結」はウェディングドレスを、ふんわりと清楚な「わたぼうし」は和装の花嫁を想起させる

(写真左)
結(ゆい)
(写真右)
わたぼうし
ミルクティーのような甘い香りの「結」と、ふんわりと重なった花弁が柔和な「わたぼうし」は、ともにブライダルシーンで人気の高い品種。可憐な「結」はウェディングドレスを、ふんわりと清楚な「わたぼうし」は和装の花嫁を想起させる

Rose Farm KEIJI
住所:滋賀県守山市杉江町1465
TEL. 07(7585)1133
公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.