著名人が自慢の「コレクション」を公開する本連載。第2回は、写真家でアクティヴィストでもあったデイヴィッド・ヴォイナロヴィッチの意外な一面を伝えるハロウィーン用グッズ

BY JOHN WOGAN, ILLUSTRATIONS BY AURORE DE LA MORINERIE, TRANSLATED BY MIHO NAGANO

画像: 狼男のマスク。「彼はメキシコの"死者の日"の祭りに非常に興味があり、マスクが大好きだった」と語るのは、2012年に発売された伝記『Fire in the Belly: The Life and Times of David Wojnarowicz』の著者、シンシア・カーだ

狼男のマスク。「彼はメキシコの"死者の日"の祭りに非常に興味があり、マスクが大好きだった」と語るのは、2012年に発売された伝記『Fire in the Belly: The Life and Times of David Wojnarowicz』の著者、シンシア・カーだ

画像: 吸血鬼のマスク。これもニューヨーク州グレンコーブのファンワールドで購入。カーによれば、「デイヴィッドは神話的なものについて、何が神話的で、なぜそれが神話的なのかを考えるのが大好きだったと思う

吸血鬼のマスク。これもニューヨーク州グレンコーブのファンワールドで購入。カーによれば、「デイヴィッドは神話的なものについて、何が神話的で、なぜそれが神話的なのかを考えるのが大好きだったと思う

画像: 軍隊用のヘルメットをかぶった骸骨のアクションフィギュア。1984年頃の香港製

軍隊用のヘルメットをかぶった骸骨のアクションフィギュア。1984年頃の香港製

 

This article is a sponsored article by
''.