写真家の若木信吾が今秋、絵本レーベルを立ち上げた。同じ本であっても写真集を作り出すのとはまったく真逆のクリエイションであったと語る絵本作り。その先に見えてきた、清々しい景色とは

BY ASATO SAKAMOTO, PHOTOGRAPHS BY SHINSUKE SATO

画像: オーナーを務める書店のある浜松と東京を行き来しながら活動する若木。東京オフィスをシェアする建築事務所「サポーズデザイン」にて ほかの写真をみる

オーナーを務める書店のある浜松と東京を行き来しながら活動する若木。東京オフィスをシェアする建築事務所「サポーズデザイン」にて
ほかの写真をみる

 故郷・浜松に生きる家族や友人を被写体に、また雑誌等のメディアでは俳優や女優にレンズを向け、その本質に迫り、自然体な姿を写しとってきた写真家・若木信吾。映画監督としても活躍する彼がこの秋、絵本の出版レーベル「若芽舎」を立ち上げた。5組のクリエイターとタッグを組み作る絵本は、来年1月までに5作品を一挙にリリースする。その5作品を読んでまず驚くのは、真っ向から絵本作りに挑んでいるところだ。彼がこれまで出版してきた写真集や、いわゆる大人向けの洒落た絵本では決してない。

「これまで作ってきた写真集などとは真逆ですよね。だから、おもしろい」
 若木は、絵本を作ることとなった動機のひとつをそう話す。
「写真家として作る写真集は、誰かに向けて作るというよりは自分が満足できるかどうか。作家としていかに爪痕を残すか、といったことがどうしても先行してしまうじゃないですか。もしかしたら、僕はそのことに少し飽きていたのかもしれません。絵本は逆に子どもというお客さんが完全に見えていて、その人を喜ばせるためにどうしたらいいのか、ということだけに向かっていく。それが気持ちいいというか、今の自分に必要だったんだと思います」

 もうひとつのきっかけは、若木自身が父親になったことだ。写真集や画集を手に取るのと同様に、絵本もまた、気になる作家や世界観が気に入ったものをこれまでも手に入れてきた。しかし4年前に子どもが生まれてからは、読み聞かせをするため、というシンプルな目的で絵本と向き合うようになった。すると、まだ言葉の通じない親子にとって、絵本がいかに有効で頼れるコミュニケーションツールであるかを知った。そしてその体験は、若木がオーナーを務める書店「BOOKS AND PRINTS」でイラストレーターの個展を開催したことで具体的に絵本づくりに繋がっていった。若木は2〜3年前から、注目しているイラストレーター数名を浜松に招き、一定期間滞在させる、いわゆるアーティスト・イン・レジデンスの形で作品を制作してもらい展示を行ってきた。その反響は大きく、写真とはまた違う強さと可能性をイラストやドローイングに感じたという。

「そこで展示したオカタオカさんの作品のひとつに、クマが生きたシャケを掴んでいる絵がありました。それを見たときに、ここに『ギョエ!』とか『ガシッ!』とか言葉が添えてあったら子どもは喜ぶかもしれないと、絵本を作ることを思いつきました。そして、やるならば、自分の中に読み聞かせの記憶と体験が実感として残っているうちにやらなければいけない。そう思ったんです」

画像: オカタオカ作・絵「しんまいぐま」。クマがシャケを掴むこのカットを見たとき、若木は絵本を作ることを思いついた ほかの写真をみる

オカタオカ作・絵「しんまいぐま」。クマがシャケを掴むこのカットを見たとき、若木は絵本を作ることを思いついた
ほかの写真をみる

 若芽舎の絵本は、2歳前後の子どもを主なターゲットにおいて作られている。ページ数はどれも12ページ。CDジャケットサイズの小さな版型で、ページをめくるという行為に手が慣れていない乳児でもつまみやすい紙の厚さと質感が採用されている。

「1歳から2歳くらいまでが楽しめる絵本をいざ探そうとすると、どの書店も昔からある知られたものばかりを置いていて、意外と選択肢がないことに驚きます。3歳を超えると言葉でコミュニケーションが取れるようになり、理解力もグッと上がるので選べる絵本の幅は広がるんですが……。1〜2歳の子どもって、特に男親にとってはまだツボが分からないというか、どう接したらいいのか分からないときも多い。そんなときこそ絵本の出番であって欲しいと思いました」

 ターゲットを2歳前後に設定した理由はそれだけではない。未知なる世界を生きる乳児を相手にモノづくりをするというチャレンジに、若木の好奇心が動いた。

「1〜2歳の子どもは今日と明日の違いがまだ分からず、記憶の整理やストックもできない。だから、親が読み聞かせでどれだけ良いパフォーマンスをしても本人の記憶には残らないんですよね。写真は“読み手や観客の記憶にいかに残るか”を考えて作るから、まったく逆です。それが面白いと思ったし、どうせ絵本をやるんだったらそこに挑戦してみようと思ったんです」

 

This article is a sponsored article by
''.