類いまれな才能には、ダイヤモンドの至高の輝きが似合う。極上のダイヤモンドにクラフツマンシップを凝らした4ブランドのハイジュエリーがアーティストに出合うとき、その才能の煌めきと響きあい、美しい火花を散らす

PHOTOGRAPHS BY MASANORI AKAO, STYLED BY MAKI OGURA, HAIR & MAKEUP BY KEITA IIJIMA(MOD’S HAIR), EDITED BY HIROKO NARUSE, TEXT BY MASANOBU MATSUMOTO

画像: ほかの写真をみる アイコンウォッチ“タンブール”の中でひときわエレガンスが際立つ、スリムでプレシャスなモデル。燦々と輝く太陽に触発された文字盤には、降り注ぐ光線がダイヤモンドのラインで描かれている。モノグラム・フラワーのレースのリングに、ダイヤモンドが輝きを添えて。 “タンブール スリム シャイン” <35mm径/K18PG、ダイヤモンド計2.08ct、自動巻き、5気圧防水、アリゲーターストラップ> ¥5,543,100(参考価格) “バーグ ダンテル ドゥモノグラム”リング <K18WG、ダイヤモンド計1.4ct>¥1,490,000 ドレス¥680,000 ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン) フリーダイヤル:0120-00-1854

ほかの写真をみる

アイコンウォッチ“タンブール”の中でひときわエレガンスが際立つ、スリムでプレシャスなモデル。燦々と輝く太陽に触発された文字盤には、降り注ぐ光線がダイヤモンドのラインで描かれている。モノグラム・フラワーのレースのリングに、ダイヤモンドが輝きを添えて。
“タンブール スリム シャイン”
<35mm径/K18PG、ダイヤモンド計2.08ct、自動巻き、5気圧防水、アリゲーターストラップ>
¥5,543,100(参考価格)
“バーグ ダンテル ドゥモノグラム”リング
<K18WG、ダイヤモンド計1.4ct>¥1,490,000
ドレス¥680,000
ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)
フリーダイヤル:0120-00-1854

薄久保 香(Kaoru Usukubo)
画家

 幻想的で、超現実的。シュルレアリスムを現代に再考する絵画作品で知られる薄久保さん。その作風はもちろん、制作プロセスも面白い。「近作は、ベルリンに住む少女と日本に暮らすフクロウがモデル。本来は出会う環境にないふたりが出会い、同じ時間を過ごす中で生まれた物語を題材にしています」。そこで起こる偶然性や関係性を利用して、われわれが普段見逃している現実の側面を、絵で表現したいのだと話す。

「宝石は、画家としても惹かれる存在です」とも語る。薄久保さんは自分の作品を"crystal moment"という言葉で言い表す。“結晶化された時間”の意味だ。

「絵筆を通じた身体活動の記録が、結晶化されて作品になっていく。そんな実感があります。一方で、たとえばダイヤモンドも、地球が何億年も時間をかけて活動した記録の結晶といえます。太古のものでありながら、ファッションとしてコンテンポラリーな魅力を放つ。その相反する要素が融合されたものとして、特別なロマンを感じるのです」

薄久保 香
1981年生まれ。国内外で絵画作品を発表。12月22日まで、東京・馬喰町のギャラリーtaïmatzにて個展を開催中
www.kaoru-usukubo.com

 

This article is a sponsored article by
''.