毎回、手の込んだ会場のセットと演出が話題をさらうシャネルのプレタポルテのショー。2019年春夏シーズンは、グラン パレに砂浜が出現。独自の世界観へ、見る者を誘うのだった

BY THESSALY LA FORCE, PHOTOGRAPH BY PATRICK TOURNEBOEUF, TRANSLATED BY HIROMITSU KOISO

画像: ショー直前、最後の仕上げを行うスタッフ。砂をならし、照明とドローンのカメラをチェックしている

ショー直前、最後の仕上げを行うスタッフ。砂をならし、照明とドローンのカメラをチェックしている

 2018年10月、シャネルのプレタポルテの最新コレクションのためにグラン パレを訪れた約3,000人の観客は、曇り空のパリから一瞬にしてジルト島へワープした。そこは北海に浮かぶドイツ領の小さな島で、シャネルのアーティスティックディレクター、カール・ラガーフェルドの幼年時代の思い出の中の海辺の風景だ。グラン パレは1900年のパリ万博のために建てられた。シャネルのショー会場はその中央部の77,000㎡ほどのホールで、19世紀後半に作られた。アーチ型のガラスの天井以外はすべて、雲がフワフワと浮かんだ青空を描いた背景幕に囲まれている。約80人もの素足のモデルたちが、時に手にサンダルをぶら提げて、人工の波が穏やかに打ち寄せるランウェイを歩いていく。

 シャネルほどその世界観を巧みに具現化して見せるブランドがあるだろうか。過去9年間を振り返ってみても、ツナ缶の陳列やショッピングカートまで抜かりなく再現されたスーパーマーケット、ブランドの旅行バッグからスタッフを配置したチケットカウンターまで並んだ空港のターミナルなど、さまざまな世界をこのグランパレの会場に魔法のように出現させてきた。そのような現実と超現実の瀬戸際の世界こそがシャネルの世界観であり、美意識なのだ。パステルカラーのツイードのボックスジャケットや、ストローハットにプリントドレスなどの服も魅力的だが、こうしたきらびやかでラグジュアリーなものが、自然の原風景的な要素を背景にしたところに今回はインパクトがあった。「何げなく思いついたんだ」とラガーフェルドは、コンセプトをメールで説明してくれた。「ルールはない」

 しかし、「ビーチをただ歩く」というアイデアを思いついても、それを実現するのは至難の業だ。ラガーフェルドはまずスケッチを作った。「参考にしたものもあるけれど、ほとんどは頭に浮かんでくるものだ」と言う。「純粋なファンタジーなんだ」とも。そのスケッチをもとに約150人のチームが9日かけてセットを作る。模型を作り、グラン パレのフロアにセットのアウトラインを描いていく。足場を組み立て照明を設置し、ビーチやボードウォークの高さを決める。ステージのまわりにパイン材とビニールで貯水場をつくり、25mプールを満たせるほどの水を入れる。潮流を作りだす、全長約280mもの機械式シリンダーが、背景幕の後ろに設置される。最後に266トンもの砂を敷く。パリ郊外の石切り場から運び入れた砂を手押し車で会場のあちこちに運ぶのだ。音響、照明、警備を確認。――さあ、ショータイムだ。

 16分間のプレゼンテーションの翌日、デザインチームは会場を元のボザール様式に戻す作業に勤しんだ。小道具は倉庫へ、砂は石切り場に、背景幕もまた別の機会に使えるように保管。「服とモデルがただ部屋を往復するだけのショーだったら、こんな風にワールドワイドに注目されることはないだろう」とラガーフェルドは言う。
「シャネルはファッションであると同時に、美そのものである。さらにグローバルな存在でもあるべきなんだ」。壮大なビジョンである。ココ・シャネルがカンボン通りのブティックの上のサロンで初めてのコレクションを発表したことを思うと、それはもはやポピュリストの思想に近い。シャネルのショーは誰もが楽しめるスペクタクルなのだ。グラン パレは来年末には修復作業のためクローズする。シャネルは別の会場を見つけねばならない。次のショーは月で? ラガーフェルドは平然としている。「どこで行われようが、シャネルを愛する人にとって、シャネルは常にシャネルなんです」

※ カール・ラガーフェルド氏は2019年2月19日に亡くなりました。この記事は生前に行われた取材に基づき、構成されています。

 

This article is a sponsored article by
''.