毎月、料理研究家の平野由希子さんが、季節の料理と日本ワインの世にも幸福なマリアージュを紹介する好評連載。11月は「小布施ワイナリー ドメイヌ・ソガ サンシミ メルロー 2016 ムラサキ第一農場 ルミリアシオン」と「レバーペースト」

BY JUNKO ASAKA, PHOTOGRAPHS BY MANA MIKI

 ワインを抜栓し、グラスに注いでひと口。「ああ、おいしい。やっぱりこのワインはおいしいですね」とにっこり。今月、平野さんが料理とのペアリングに選んだのは、小布施ワイナリー の「ドメイヌ・ソガ サンシミ メルロー 2016 ムラサキ第一農場 ルミリアシオン」。こちらも現在、市場では入手が難しい幻のワインのひとつだ。

画像: 撮影の数日後、週末バンコクに出かけたという平野さん。「週末弾丸旅はときどきしています。国内旅行ならおもに“寿司旅”(笑)。海外だと現地の料理教室に参加したりも」。ワインと料理のペアリングを教える自身の料理教室「cuisine et vin」も好評開催中 cuisine et vin公式サイト

撮影の数日後、週末バンコクに出かけたという平野さん。「週末弾丸旅はときどきしています。国内旅行ならおもに“寿司旅”(笑)。海外だと現地の料理教室に参加したりも」。ワインと料理のペアリングを教える自身の料理教室「cuisine et vin」も好評開催中

cuisine et vin公式サイト

 小布施ワイナリーの四代目である代表の曽我彰彦さんは、平野さんいわく「日本のワインブームをずっと牽引してきた人」。おいしいワインの決め手はまず畑からという強い信念のもと、「ブルゴーニュのような小さいワイナリーであること、自社農場産ワイン専用ブドウ100%使用であること、輸入ワインを一切混ぜない自製酒100%を守り続けること」を矜持とする曽我さんの情熱的なワインづくりは他の追随を許さない。

 三楽オーシャン(現・メルシャン)の工場長や理事を務め、現代日本ワインの父とも呼ばれる浅井昭吾さん(ペンネーム・麻井宇介)さん。生食用ブドウでワインをつくっていた当時の日本で「世界に負けないワインを」と国産のワイン用ブドウ品種を模索し、日本のワインづくりを革命的に転換した麻井宇介さんに学んだ曽我さんら3人の若者の奮闘を描いた映画『ウスケボーイズ』が、現在上映中だ。「それもあって、今月はぜひ曽我さんのワインをご紹介したいと思って」と平野さん。

「曽我さんのワインは、ホームページにもワインの裏にも言葉がいっぱい。それだけすごくたくさんの熱い思いを持っている方です。今回ピックアップした“第一メルロー”は、そんなドメイヌ・ソガの中でも圧倒的な存在感のあるワイン」。ムラサキ第一農場は、ドメイヌソガの中でも曽我さんが偏愛する最高の畑。そこで収穫されたメルローを、サンシミ(除草剤、殺虫剤、現代殺菌剤を使わない栽培法)で栽培し、無補糖、無補酸、さらに天然酵母で自然発酵するという、徹底したこだわりの末に生まれたワインなのだ。

<今月のワイン|小布施ワイナリー ドメイヌ・ソガ サンシミ メルロー 2016 ムラサキ第一農場 ルミリアシオン>

画像: 長野県上高井郡小布施町に位置する「小布施ワイナリー」は、日本を代表するドメーヌのひとつ。中でも、自社畑のブドウだけを用いる「ドメーヌ・ソガ」シリーズはメルロー、シャルドネともに濾過や澱下げをいっさいせず、濃厚な味わい 小布施ワイナリー ドメイヌ・ソガ サンシミ メルロー 2016 ムラサキ第一農場 ルミリアシオン <750ml>¥4,500 www.obusewinery.com

長野県上高井郡小布施町に位置する「小布施ワイナリー」は、日本を代表するドメーヌのひとつ。中でも、自社畑のブドウだけを用いる「ドメーヌ・ソガ」シリーズはメルロー、シャルドネともに濾過や澱下げをいっさいせず、濃厚な味わい
小布施ワイナリー ドメイヌ・ソガ サンシミ メルロー 2016 ムラサキ第一農場 ルミリアシオン
<750ml>¥4,500
www.obusewinery.com

「曽我さんの手がけるワイン全般に言えるのは、エロティックな魅力をもっていること。しっとりしていて複雑味があり、独特の空気感がある。赤ワインはそもそもエロティックなものだと思うんですが、日本のワインにはまだまだ少ないんです。こんなワインができるのは、作り手である曽我さんの緻密で粘質なお人柄によるものなんでしょうね」

「酸味と甘み、豊かな果実味と香りがあって余韻も長い。本当においしいワイン」と平野さんが絶賛するこちらのワインに合わせたのは、こっくりとしたレバーペースト。「このワインの存在感、エロティックな印象やメルローの質感と、レバーペーストのなめらかな口当たりやレバーのもつ血の印象がよく合います。信州のワインなので、当地の名産品であるくるみやレーズンを合わせてみました。ドメイヌ・ソガのメルローは、時間をかけてゆっくり飲みたいワイン。レバーペーストはそんな意味でも、つまみながら時間を楽しむのにいいですよね」

画像: 冷蔵庫で冷やし固めたレバーペーストを、軽くトーストしたパンにつけてめしあがれ。くるみやレーズンの食感が口当たりのアクセントに

冷蔵庫で冷やし固めたレバーペーストを、軽くトーストしたパンにつけてめしあがれ。くるみやレーズンの食感が口当たりのアクセントに

<今月のレシピ|レバーペースト>
材料(2~3人分)
鶏レバー150g、にんにく1/2かけ、玉ねぎ1/2個、くるみ3かけ
マスタード小さじ1/2、塩小さじ1/3、ナツメグ・こしょう・あればクローブの粉末 各少々、レーズン大さじ3、無塩バター50g

1. 鶏レバーはさっと水洗いしたあと、水気をよく拭き、ひと口大に切る。にんにく、玉ねぎはみじん切りにする。くるみは手で3〜4かけに砕く。
2. フライパンに無塩バター大さじ1(分量外)を熱し、にんにくを入れて炒め、よい香りがしてきたら、玉ねぎを入れて炒める。レバーを入れて強火で炒める。
3. 2の粗熱がとれたら、マスタード、ナツメグ、こしょう、クローブなどのスパイスと塩を加えてフードプロセッサーにかけ、無塩バター50gを加えてなめらかになるまで混ぜる。レーズン、くるみを加え、塩、こしょう(分量外)で味をととのえ、型に入れて冷蔵庫で冷やし固める。

<T JAPAN web限定>
数量限定ワインが優先購入できます!
上記のワイン「小布施ワイナリー ドメーヌ・ソガ サンシミ メルロー 2016 ムラサキ第一農場 ルミリアシオン」をT JAPAN webをご覧の方のために9本ご用意いたしました。
購入希望の方はこちらよりご応募ください。

・ご応募は、20歳以上の方に限ります。
・お一人様ご応募は1回、ご購入は1本までとさせていただきます。
・応募締め切り:12月17日(月)正午
・ご応募が限定数を超えた場合は抽選とさせていただきます。
・ご紹介したワインの「購入権利」を提供いたします(商品は「いまでや」のオンラインストアにて決済完了後、店舗にて受け取りまたはオンラインストアより発送のいずれかを選択していただきます)。
・締め切り後、当選された方にT JAPAN編集部よりメールでご連絡いたします。
・ 購入権利の譲渡はご遠慮ください(当選者のお名前と決済完了者のご名義が異なる場合は、購入を無効とさせていただきます)。

平野由希子
素材を生かしたシンプルでおいしい料理に定評のある料理研究家。書籍や雑誌、広告で活躍するかたわら飲食店のプロデュースや商品開発も手がける。ワイン好きとして知られ、ワインバー「8huit.」のオーナーでもある

平野由希子の日本ワインと料理の幸福な食卓 Vol.5へ

平野由希子の日本ワインと料理の幸福な食卓 Vol.4へ

 

This article is a sponsored article by
''.