さまざまな分野で活躍する“おやじ”たち。彼らがひと息つき、渋い顔を思わずほころばせる……そんな「おやつ」とはどんなもの? 偏愛する“ごほうびおやつ”と“ふだんのおやつ”からうかがい知る、男たちのおやつ事情と知られざるB面とは。連載第3回は「TOMORROWLAND」プレス、杉山耕平さん

BY YUKINO HIROSAWA, PHOTOGRAPHS BY TAKASHI EHARA

 自らを「お酒よりも断然おやつ派。おやつがないと生きていられない、僕は生粋のスイーツ男子です」と語る杉山さん。その歴史は幼少期にまでさかのぼる。「京橋生まれの母が、スイーツが大好きで。3時になると、コーヒーや紅茶とともに近所のパティスリーのケーキや手作りのクッキーをいただくのは、幼い頃からの我が家の大事な文化ですね。その反動で、親の監視を逃れはじめた中学・高校時代は、『コーンポタージュスナックやから揚げ棒ってこんなに美味しいんだ!』とスナック菓子やコンビニのおやつのおいしさに開眼し、食べ過ぎて激太りしたことも……(笑)。そんな寄り道を経て、今に至ります」

画像: 「Kanae Bar」お試しセット8種入り¥3,400 Bardon TEL. 0297(21)4087 http://bardonjapan.net

「Kanae Bar」お試しセット8種入り¥3,400
Bardon
TEL. 0297(21)4087
http://bardonjapan.net

 PRという職業は、スタイリストへのサンプル貸し出し業務のほか、取引先とのやり取り、カタログのディレクション、メディアへの露出と、驚くほど多岐に渡る。「表に出る立場でもあるし、いつまでもスーツをカッコよく着こなしたいので、やはり体調・体型には気をつかいますね。平日のデスクワーク時に欠かせないおやつが『Kanae Bar』。茨城県在住の勝田佳捺絵さんという女性が作るロータイプのバーで、デーツをはじめとした多彩なドライフルーツやナッツなど、世界20カ国以上から集めた最上級の素材だけが使用されています。新鮮さ、食感、味、コク…… 『世の中にこんなおいしいドライフルーツやナッツがあったんだ!』と衝撃を受けると思います。そのうえ、オメガ3脂肪酸や食物繊維、ミネラルなど不足しがちな栄養素もぎっしり。お通じもよくなるし、肌もつるっつるになりますよ」

 

This article is a sponsored article by
''.