季節にふさわしいもの、ときめくものをさりげなく――。ギフトコンシェルジュの真野知子さんが、真摯にものづくりに打ち込む作り手たちによる素敵な贈りものを紹介する連載第17回

BY TOMOKO MANO, PHOTOGRAPHS BY SHINSUKE SATO

自由学園食事研究グループ

画像: 「缶入りクッキー」2号缶(12種類入り)¥3,500 <H24×W17×D4.5cm> ※8月は製造・販売はお休み。また手作りのため、お届けまでに日数がかかることがあります

「缶入りクッキー」2号缶(12種類入り)¥3,500 <H24×W17×D4.5cm>
※8月は製造・販売はお休み。また手作りのため、お届けまでに日数がかかることがあります

 自由学園は、日本で初となる女性ジャーナリストであり、家計簿の考案者である羽仁もと子氏とその夫、吉一氏によって1921年に創設された学園で「よく生きる人、よい社会を創る人」の育成を目指し、“生活即教育”をモットーに、一貫教育に取り組んでいます。卒業生を中心に手作りされているのが、こちらのクッキー。蓋を開けると、隙間なくぎっしりと詰まったクッキーがお目見えします。味と形が異なるクッキーが、見事にぎゅぎゅっと詰まっている様子は圧巻。

画像: 形も風味もバラエティ豊か。自由学園食事研究グループのサイトには商品説明と購入案内があり、注文用紙のダウンロードが可能。自由学園明日館内の自由学園生活工芸研究所 直営店JMショップではクッキーの購入可

形も風味もバラエティ豊か。自由学園食事研究グループのサイトには商品説明と購入案内があり、注文用紙のダウンロードが可能。自由学園明日館内の自由学園生活工芸研究所 直営店JMショップではクッキーの購入可

 菊の形のクッキー、シナモンフラワー、絞り出しクッキーのリボン、ねじねじのスティック状のチーズバーや、真ん中が空いたリング、さくさくした三角のサブレ、銀紙にくるまれたブラウニーなどなど、それぞれが独創性のある形で目にも楽しい。ザクザクとした歯応えのある食感で、素材の持ち味が素直に伝わる。誠実につくられた素朴な味わいは、小さな子どもからお年寄りまで、ファミリーへの贈り物にぴったり。ご家庭のティータイムから、お祝いごとにも。長く愛され続けているのもうなづけるひと品です。

画像: 真っ白い紙にリボン、このシンプルさも素敵。慶び事やお祝いにもぴったりのたたずまい

真っ白い紙にリボン、このシンプルさも素敵。慶び事やお祝いにもぴったりのたたずまい

問い合わせ先
自由学園食事研究グループ
TEL. 042(422)3336
公式サイト

パティスリー アサコ イワヤナギ

画像: 「缶入りサブレ詰合せ」<D12.5×W25.5×H5.5cm>¥3,400 お酒と一緒にも楽しめる、洗練された大人の味わい

「缶入りサブレ詰合せ」<D12.5×W25.5×H5.5cm>¥3,400
お酒と一緒にも楽しめる、洗練された大人の味わい

 東京の等々力にある「パティスリィ アサコ イワヤナギ」は旬の果物を贅沢に用いて創り出される宝石のようなパフェや、洗練された独創的なケーキで話題の的。こちらは隣りにオープンしたテイクアウト専門のショップ「アサコ イワヤナギ プリュス」の缶入りサブレ詰合せです。

 シェフパティシエールの岩柳麻子さんは染織を学んだのち、独学でお菓子作りを学んだという異色の経歴の持ち主。お菓子のひとつひとつから、唯一無二の感性と豊かな発想、研ぎ澄まされた美意識が伝わってきます。端正なシルバーの角缶の蓋を開けると、整然と収まった9種類のサブレ。ほんのりピンク色のサブレはフランボワーズのフルーティーな香りと甘酸っぱさがさわやか。グリーンのサブレは、ナッツ感も軽妙で、ピスタチオ好きにはたまらない一枚。アールグレイが華やかに香るもの、ほろ苦いチョコレートのサブレ、バターの芳醇さが楽しめるガレットも。クラッカーのような薄い層が重なるサブレは、繊細な食感から山椒とパルメザンチーズの絶妙な風味が広がり、驚く。小さく厚みのあるサブレからはプロバンスハーブ風味のチーズのコクがしっかりと。

 甘いもの、酸味のきいたもの、ほんのり塩味のあるものとバランスがよく、ワインを片手に大人が楽しめそうなアソート。普段は甘いものは食べないという男性への贈り物にもおすすめです。

画像: 無駄をそぎ落とした端正なルックスは、大人の男性への贈り物にもおすすめ

無駄をそぎ落とした端正なルックスは、大人の男性への贈り物にもおすすめ

問い合わせ先
アサコ イワヤナギ プリュス
TEL. 03(6809)8355
公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.