季節にふさわしいもの、ときめくものをさりげなく――。ギフトコンシェルジュの真野知子さんが、真摯にものづくりに打ち込む作り手たちによる素敵な贈りものを紹介する連載第18回

BY TOMOKO MANO, PHOTOGRAPHS BY SHINSUKE SATO

 暑い日が続いています。ティータイムにはひんやりと冷たい飲み物でひと息いれて、真夏を乗り切りたいものです。そこで今回ピックアップしたのは、ビバレッジ・ギフト。気負わずに贈ることができて、気軽に受け取れる飲み物は、そもそも暑中見舞いやサマーギフトの定番です。だからこそ、相手やシーンを思いながら丁寧に選びたいもの。

 たとえば、仕事仲間など日々忙しく過ごしている方には、ビタミンたっぷりのフルーツジュースやハーバルドリンクを。また、8月は夏休み、お盆休みなど、子どもたちを交え、家族や友人が集まりにぎやかに過ごす機会も増える時期。そんな場への手土産には、会話に花を咲かせてくれるユニークな飲み物もおすすめです。この夏をハッピーに楽しんで!――そんな思いをギフトに添えて。

ザ・カフェ by アマンの「アマン東京ジュース」

画像: アマン東京ジュース「不知火」「ピンクグレープフルーツ」「クランベリー」「完熟マンゴー」「白桃(季節の果実)」<各180ml> 各¥980 ※5種詰め合わせ ¥4,700

アマン東京ジュース「不知火」「ピンクグレープフルーツ」「クランベリー」「完熟マンゴー」「白桃(季節の果実)」<各180ml> 各¥980 ※5種詰め合わせ ¥4,700

 アマン東京のカフェ「ザ・カフェ by アマン」に併設するショップの人気商品で、ホテルの朝食などにもサーブされる100%フルーツジュース。材料はすべて和歌山県・谷井農園の無農薬で栽培されたフルーツ。アマン東京の料理長がみずから現地に足を運び、“ジュースになったとき”の糖度や酸度、風味や香りなどのバランスを考えながら、使用するフルーツを選定しているそうです。

「完熟マンゴー」、「ピンクグレープフルーツ」、「クランベリー」、ぽんかんと清見オレンジを掛け合わせた「不知火(しらぬい)」、そして「季節の果実」と5種類が常時ラインナップされており、その中から好みの物を選んでギフトボックスに詰め合わせできるのも魅力。どれも濃厚ながら後味はすっきり。夏の乾いた喉を優しく、美味しく潤してくれます。

画像: スタイリッシュなボトルに、水引のような白紐を添えた、贈り物にぴったりなデザイン

スタイリッシュなボトルに、水引のような白紐を添えた、贈り物にぴったりなデザイン

問い合わせ先
ザ・カフェ by アマン
TEL. 03(5224)3339
公式サイト

強羅花壇の「梅みつ」

画像: 梅みつ<500ml> ¥2,500

梅みつ<500ml> ¥2,500

 箱根・強羅の名旅館「強羅花壇」。そこで食事の際の飲み物にも使われているのが、旅館オリジナルの「梅みつ」シロップ。 “おいしい!”との評判から、いまでは館内のギフトショップの販売のほか、お取り寄せも可能になっています。

 この「梅みつ」は、紀州産の南高梅を蜂蜜に漬け込み、熟成させたもの。梅の芳醇な香りと風味、品のよい甘さが特徴で、この季節はソーダで割ってシュワッと爽快に楽しんだり、かき氷のシロップにしたり。また焼酎の割りものにもぴったりで、お酒好きな人へのギフトにも喜ばれそう。梅のエキスが凝縮されており、夏バテ予防にも効果的です。

問い合わせ先
強羅花壇
Tel. 0460(82)3331
公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.