さまざまな分野で活躍する“おやじ”たち。彼らがひと息つき、渋い顔を思わずほころばせる……そんな「おやつ」とはどんなもの? 偏愛する“ごほうびおやつ”と“ふだんのおやつ”からうかがい知る、男たちのおやつ事情と知られざるB面とは。連載第17回は『週刊少年ジャンプ』編集長の中野博之さん

BY YUKINO HIROSAWA, PHOTOGRAPHS BY TAKASHI EHARA

 毎週〆切が迫ってくるハードな日々に癒しをくれるごほうびおやつが、焼き菓子だそう。「特にバウムクーヘンが好きで、僕にとっての三大バウムクーヘンは、ふわっとした『クラブハリエ』、しっとりめの『治一郎』、やや固めでバターたっぷりの味わいの『ねんりん家』。ある程度日持ちがして個包装で、価格も良心的なので、プライベート用はもちろん、現場への差し入れに買っていくことも。余っていたら、一個もらいます(笑)」。この他にも、デパ地下のスイーツから地方の銘菓のことまで、挙げだしたらキリがないくらい、本当に詳しい。

画像: 「三大バウムクーヘン。タイプが全然違ってそれぞれ魅力的。一番は選べません」 (左より) 銀座 ねんりん家「マウントバーム しっかり芽」1本¥700 ねんりん家 TEL.03(5347)0230 クラブハリエ「バームクーヘンmini」<8個入り>¥3,000 クラブハリエ TEL.0120(295)999 「治一郎の バウムクーヘンカット」<4切れ入り10個>¥2,700 治一郎 TEL. 0120(81)5061

「三大バウムクーヘン。タイプが全然違ってそれぞれ魅力的。一番は選べません」
(左より)
銀座 ねんりん家「マウントバーム しっかり芽」1本¥700
ねんりん家
TEL.03(5347)0230

クラブハリエ「バームクーヘンmini」<8個入り>¥3,000
クラブハリエ
TEL.0120(295)999

「治一郎の バウムクーヘンカット」<4切れ入り10個>¥2,700
治一郎
TEL. 0120(81)5061

 編集長というポジションは、漫画家や編集者をサポートし、まとめる立場。「すべての責任は負うけれど、実際に漫画を作るのは漫画家と担当編集です。僕の考えや好みはひとまず置いておいて、『面白いと思うならやってみなよ。だめなら次』と声をかける役目。また、近年、映画・テレビ・舞台とメディア展開が増え、それぞれのクオリティを保つために担当編集がそこに深く入り込み、作品の核をしっかり伝えていく必要性が増しています。担当は脚本を作る会議にも出ますし、映画のコンテも見るし、アフレコの現場に立ち会い、DVDやグッズのチェックもする。削られつつあるけれど最も大切な“漫画家と作品の打ち合わせをする時間”を確保し、増やしてあげたいと思っています」

 最後に、大事にしていることを聞いてみた。「それは間違いなく漫画家の才能。その才能に常に寄り添い、リスペクトする編集部でありたいなと思っています。今、漫画界は、大きな過渡期です。紙の雑誌の部数は少し落ちていますが、デジタル版の需要が増えて、漫画を読む人口としては増加傾向にある。むしろアプローチが増えた分、賞の選考をしていても新しい才能にあふれていていて、選考現場は熱くて面白い。編集者の手が加わって読者のもとへ届くときには、見たこともないような漫画が生まれてくるんじゃないかな、という期待にあふれています」

中野博之(HIROYUKI NAKANO)さん
1977年福井県生まれ。大学時代は日本文学を専攻し、2000年集英社入社。週刊少年ジャンプ編集部に配属。2011年に『最強ジャンプ』の創刊時に副編集長に。2014年に古巣に戻って副編集長に就任し、2017年より現職に。担当した漫画は、『世紀末リーダー伝たけし!』『トリコ』『BLEACH』、『NARUTO-ナルト-』のメディア担当、『べるぜバブ』『魔人探偵脳噛ネウロ』など多数。筋金入りのインドア派
COURTESY OF SHUEISHA

 

This article is a sponsored article by
''.