良質で新鮮、安心な野菜や果物が我が家に届く―― T JAPANスタッフたちが長年愛用する野菜と果物の取寄せ先を厳選紹介する。真摯な姿勢で試行や苦心を重ねる生産者たちへ敬意と感謝をこめて

BY OGOTO WATANABE

3. メイクアップアーティストMichiruさんおすすめ|「ノリランカ農園」

 透明感と品格、モード感のあるメイクに定評があるメイクアップアーティストのMichiruさん。美の担い手であるMichiruさんは健康は美の礎であり、食べるものが果たす役割の大切さを熟知している。「ノリランカ農園さんの自然農で育てられた野菜が大好きです。岡山の山のなかで、畑を耕さず、農薬や肥料を使わない方法で野菜作りをされています。私は年に一度、『未来につなぐ自然食研究会』の井谷公美さんにお味噌づくりを習っているのですが、そこでこちらの農園のことを教えていただき、もう3年間、愛用しています」

画像: 自然農で栽培されたノリランカ農園の夏野菜。すこやかな土壌の持つ力強さが野菜に宿り、息づいている。5月下旬からしばらく端境期のため販売は難しいが、収穫が始まれば夏野菜セットの販売は可能。希望者はメールで問い合わせると、夏野菜セット販売開始のお知らせを受けることができる ※ 収穫量により数量に限りがあります COURTESY OF NORI-LANKA NOUEN

自然農で栽培されたノリランカ農園の夏野菜。すこやかな土壌の持つ力強さが野菜に宿り、息づいている。5月下旬からしばらく端境期のため販売は難しいが、収穫が始まれば夏野菜セットの販売は可能。希望者はメールで問い合わせると、夏野菜セット販売開始のお知らせを受けることができる
※ 収穫量により数量に限りがあります
COURTESY OF NORI-LANKA NOUEN

画像: 「この春はノリランカ農園さんから届いた筍を、筍ご飯にして楽しみました」とMichiruさん。「一緒に届いたコシアブラ、せり、ウルイ、うど、ノビルなどの山菜もカラリと天ぷらにして」。農園内の野山に自然に生えた筍や山菜が届けられ、伸びゆくエネルギーをありがたたくいただいたそう PHOTOGRAPH BY MICHIRU

「この春はノリランカ農園さんから届いた筍を、筍ご飯にして楽しみました」とMichiruさん。「一緒に届いたコシアブラ、せり、ウルイ、うど、ノビルなどの山菜もカラリと天ぷらにして」。農園内の野山に自然に生えた筍や山菜が届けられ、伸びゆくエネルギーをありがたたくいただいたそう
PHOTOGRAPH BY MICHIRU

 ノリランカ農園は、自然の理を知る百姓になることを志し、穀物や野菜作りに励む原田宜子さんが営む農園だ。山の合間に田畑が広がり、羊が草を食み、鶏が歩き回る。ここでは生きとし生けるものが皆、ゆったりとあるがままいられるようにと手が尽くされている。「届いた野菜は生き生きとして、輝いています。自然のリズムに合わせて、作物そのものが持っている力で育っていくように、愛情こめられて作っているのが伝わります」とMichiruさん。

問い合わせ先
ノリランカ農園
norilanka@gmail.com

4. アロマセラピスト 濱 美奈子さんおすすめ|「産直野菜ぷちトマト&ぷちトマトBio」

 当ウェブサイトの「ハーモニー占星術」を手がける占星術アロマテラピー®研究家の濱 美奈子さんは、植物の持つ様々なエネルギーを研究している。そんな濱さんは大阪・池田でお店を営む『産直野菜ぷちトマト&ぷちトマトBio』から届く野菜を愛用。「オーガニックや減農薬の野菜を主に扱う八百屋さんです。大分にある自社農園だけでなく、熊本、宮崎、島根、山口など各地で質のよい野菜を作っている小さな農家さんとつながり、安全でおいしい野菜や食材を吟味し、扱っています」

画像: 『農家おススメの旬野菜セット』¥3,000(代引き手数料込み。佐川クール便使用) ※北海道、東北、沖縄、離島は別途送料追加 出荷当日に収穫した新鮮野菜が箱いっぱいに届く。5月下旬から6月にかけては、有機赤くきサラダほうれん草、有機サラダ春菊、有機人参など8品を、島根の三島ファームから直送。旬野菜セットは、下記の問い合わせ先のほか、メール( kyushu0831@gmail.com )、 Facebookページ よりメッセンジャーを利用しての注文も可能 PHOTOGRAPH BY HIROKO ITO

『農家おススメの旬野菜セット』¥3,000(代引き手数料込み。佐川クール便使用)
※北海道、東北、沖縄、離島は別途送料追加
出荷当日に収穫した新鮮野菜が箱いっぱいに届く。5月下旬から6月にかけては、有機赤くきサラダほうれん草、有機サラダ春菊、有機人参など8品を、島根の三島ファームから直送。旬野菜セットは、下記の問い合わせ先のほか、メール( kyushu0831@gmail.com )、Facebookページよりメッセンジャーを利用しての注文も可能
PHOTOGRAPH BY HIROKO ITO

 九州出身のオーナー夫妻は、濱さんの会社員時代の同期だそう。「開店当時からもう9年愛用していますが。安全安心なだけでなく、野菜の味が濃厚で、自然のエネルギーに満ちているのが感じられるのも愛用の理由です。皮ごと食べられるのも、うれしい。葉野菜もみずみずしく、葉はふんわり、茎はシャキッ!」野菜の味が力強いので、自然と調理はシンプルに。「先日、友人を招いたときも、届いたナスの煮物をドンと作りましたが、出汁で煮て、味付けは少々の醤油と塩だけ」

 実店舗では野菜のほか、ビオワインや自然酒、アレルギー対応食なども扱う。お客のニーズを的確に把握し、充実の品ぞろえだ。一方で、新型コロナウイルスの感染が心配される状況下では、お客やスタッフの健康を守るための施策や工夫を細やかに丁寧に行う。飲食店の営業が難しいなか、生産者を応援する努力も怠らない。「小回りが効くからこそ、作り手やお店のまっすぐな思いを、まっすぐな形で、必要なひとにすぐ届けられる。そんなお店の姿に、新しい時代への希望も感じます」と濱さん。

問い合わせ先
産直野菜ぷちトマト&ぷちトマトBio
TEL&FAX. 072(750)0831
公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.