良質で新鮮、安心な野菜や果物が我が家に届く―― T JAPANスタッフたちが長年愛用する野菜と果物の取寄せ先を厳選紹介する。真摯な姿勢で試行や苦心を重ねる生産者たちへ敬意と感謝をこめて

BY OGOTO WATANABE

5. 編集スタッフWおすすめ|「シトロンエシトロン」

 編集スタッフWが自宅用にもギフトにも愛用するのは、シトロンエシトロンの柑橘類。「一昨年、本誌の特集で愛媛の大谷農園を取材したのが縁で、折に触れて取寄せています」。取材が行われたのは、西日本豪雨から一か月後のこと。大谷農園では化学肥料や農薬を使わず、自然の仕組みを活かす農法をずっと模索し、実践してきた。「そういう風に育てた木は強いんです。地面にしっかり根を張っている」という大谷さんの言葉と、甘夏の鮮烈な香りが忘れられない、とW。大谷農園の柑橘を自らの店でも用いるシェフの生江史伸さんが、「大谷さんの果物は、甘みや酸味のバランスがどうこうなどの言葉では表現したくない。エネルギーがすごい。そんな感じなんです」と語っていたのも強く印象に残っているそうだ。大谷農園の果実やジュースをファーマーズマーケットやオンラインで扱い、紹介するのがシトロンエシトロンだ。

画像: シトロンエシトロンの「おうちで作ろう! BOX」¥3,500(クール便使用、送料込み) ※6月中は注文可能の見込み。気象などの条件と収穫量により、売り切れ次第終了 レモンと小瓶ジュースを中心に、ピール作りに向いた旬の柑橘(5月は文旦とサマーキング、文旦が終わったのちは紅甘夏や新甘夏、美生柑など)が入る COURTESY OF CITRON ET CITRON

シトロンエシトロンの「おうちで作ろう! BOX」¥3,500(クール便使用、送料込み)
※6月中は注文可能の見込み。気象などの条件と収穫量により、売り切れ次第終了
レモンと小瓶ジュースを中心に、ピール作りに向いた旬の柑橘(5月は文旦とサマーキング、文旦が終わったのちは紅甘夏や新甘夏、美生柑など)が入る
COURTESY OF CITRON ET CITRON

「ステイホーム期間では、こちらの『おうちで作ろう! BOX』が大活躍。ここのレモンの果実は宝石のようにきれいで、素晴らしい香気は、まさに“トパーズ色”。キュっと絞って炭酸水で割れば気分サッパリ、疲れもとれる。レモンゼリーやチーズケーキなどお菓子作りに使うと、これ、売り物になるんじゃ?と思える風味に仕上がる。唐揚げにもパスタにもひと絞りで、ふだんの料理も味が格段アップ。サマーキングや甘夏も目が覚めるフレッシュなおいしさで、そのまま食べてよし、たっぷり絞ってジュースにしてよし、しかも皮まで食べられる。同梱のレシピを見て皮をグツグツ煮てピールもこしらえました。皮をお風呂に入れて香りを楽しめるのも無農薬ならばこそ」。“ビタミンCで免疫力アップを”と、会いに行けない親類や友人にも送り、喜ばれたそうだ。

問い合わせ先
シトロンエシトロン
公式サイト

6. 編集スタッフKおすすめ|「サンチョク」

「日々の食材はサンチョク頼り!」と言うのは編集K。「無農薬や減農薬の野菜のほか、安心で質のよいお肉や魚を長崎から届けてもらえる。酪農品、粉や麺類、調味料ほか、ふだん必要な食材はほぼこちらでそろうのもありがたいです。レタスはふわりと柔らかで、サクっと軽やかな口当たり。これズッキーニ? と思うほどのドヤ顔で立派なキュウリもいい。新鮮で元気いっぱいの野菜や卵が届くのが週末の楽しみです。肉も風味が濃くておいしい。九州らしい顔ぶれの魚がそろう“長崎産・干物不揃いセット”もリピートアイテムです」

画像: 『PEセット(野菜6、7品、くだもの、たまご10個)』¥2,065(税込、送料別)をベースに、その都度欲しいものをあれこれプラスしてオーダー。写真はサンチョクから編集K宅に届いた品の一部 PHOTOGRAPH BY OGOTO WATANABE

『PEセット(野菜6、7品、くだもの、たまご10個)』¥2,065(税込、送料別)をベースに、その都度欲しいものをあれこれプラスしてオーダー。写真はサンチョクから編集K宅に届いた品の一部
PHOTOGRAPH BY OGOTO WATANABE

“生産者と消費者の架け橋に”を企業理念とするサンチョク。できるかぎり無農薬栽培を目指し、農薬を使用する場合や環境に人に優しいものを選び、情報は常に開示する。除草剤は使用せず、土地消毒を行わない。放射性物質などによる土壌汚染リスクを最低限に抑え、検査体制も確立。食の安全を真摯に守り、生産者と消費者ともに安心できるネットワークを築き、支えることを目指している。

「食の安全に真剣に向き合ってくれているのがありがたい。でも、ガチガチでなくおおらかな雰囲気が漂うところが気に入っています。同梱されるレシピ付きチラシも、手描きのイラストがいい味だしていて、楽しみ。ネットで注文するのですが、そそっかしい私が個数など間違えて電話をすると、応対がこれまた親切で。先日の“母の日”の週末は、段ボールをあけると野菜の包みの上にピンクのカーネーションが添えられていました。あったかい気持ちも一緒に届けてもらっているように思います」

問い合わせ先
サンチョク
フリーダイヤル:0120-47-8318
公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.