講評では制作者と鑑賞者がともに学び、楽しむ。「言葉を通して作品を見ると、異なる見方ができる」と伊藤は言う。20歳前後の学生にとっては恥ずかしさも伴うが、「自分の身を削って出したものを周囲が受けとめ、言葉にして返す。そんな経験をしてほしい」

PHOTOGRAPH BY YUSUKE ABE
記事本文に戻る

T JAPAN web限定!
Amazonギフト券1万円プレゼント

応募する

人気記事

FEATURE

LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Design&Luxury

June 1, 2022

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.