2点とも、亡くなった人を忍んで身に着ける哀悼の指輪で、18世紀後半から19世紀初頭のイギリスのもの。左は、オープンワークのゴールドにスカルを象るカメオが嵌められたリング。右のリングのベゼルには髪の毛があしらわれている。当時のイギリスでは、愛する人の死を悼み、その死を乗り越えるために、こうしたジュエリーが作られた。やがて“哀悼の指輪”はヨーロッパ大陸に広がり、故人の名が刻まれたり、時に遺髪や肖像画を入れたりして愛用された

PHOTOGRAPHS BY BENJAMIN CHELLY
記事本文に戻る

人気記事

LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Women's Fashion

March 27, 2022

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.