「心身にハンディキャップがある場合などに、分離して対応しようとする。それは社会の多様性を奪い、脆弱にすると思う。いろんな人たちが一緒にいられる社会が僕は好きです」と言う慎泰俊さん
PHOTOGRAPH BY KIKUKO USUYAMA
記事本文に戻る

This article is a sponsored article by
''.