細川護煕《ミゼレーレ》(2022年)
事前に金箔を貼ってあったキャンバスを急遽、今展の作品のために転用。クレバスで聖母子と墓標、戦火に覆われた風景を描いた。金箔の効果も相まって、東方正教会において信仰の要となる、キリスト、聖母、聖人などの聖画像(イコン)を想起させる。

PHOTOGRAPH BY KENSHU SHINTSUBO
記事本文に戻る

T JAPAN webの
編集デスク・WEBエディター募集

応募する

人気記事

FEATURE

LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Luxury

November 27, 2022

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.