魚の目利きでは右に出る者のいない高祖多賀子さん、83歳。奥は息子の豊さん、妻の仁美さん。豊さんがすべての魚をおろす。「僕がやるよりうまいので、下処理はお任せしています。ひとりで仕込むので、ありがたい」
PHOTOGRAPH BY TETSUYA MIURA
記事本文に戻る

人気記事

LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Women's Fashion

March 27, 2022

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.