第9回のお題は「鉢」。はるか縄文時代から現代までどのような鉢が用いられてきたか、虎屋文庫所蔵の錦絵などを通して辿る。また、焼き物の産地、小石原・信楽・高田(たかた)・波佐見・読谷村からの鉢を取り上げ、鉢の形や種類を紹介する。これらの鉢はその場で購入も可能だ。さらに、それぞれの鉢に家庭の素朴な料理を合わせた写真による、使い方の提案も
COURTESY OF TORAYA
記事本文に戻る

人気記事

INFORMATION

消費税総額表示についてのお知らせ

2021年3月19日(金)配信の記事より、掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたします。

濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング! ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」 連載「歌舞伎への扉」 高木教雄の時計モノ語り

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.