場所の記憶を受け継ぐ建築 MEMORY FIELD

PHOTOGRAPH BY TAKUJI SHIMMURA

2016年10月1日、エストニアに待望の国立博物館が開館した。パリを拠点に活躍する建築家、田根剛(DGT.)が、10年をかけて完成させた建築とその想いを旅する


アーティストには茶室が必要である IN PURSUIT OF BLANKNESS

PHOTOGRAPH BY AKIRA YAMADA

蔡國強、杉本博司、藤森照信。出自の異なる3人のアーティストが茶室に魅せられる理由


Latest