江戸時代末期から明治にかけて活躍した浮世絵師・弘瀬金蔵。“絵金”の愛称で、高知県で今なお親しまれている。「今年初めて見た芝居絵屏風《菅原伝授手習鑑 寺子屋(よだれくり)》(赤岡町横町二区所蔵)に心打たれました」
COURTESY OF EKINGURA
記事本文に戻る

人気記事

ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」 ギフトコンシェルジュがおすすめする季節の贈り物 真野知子の贈りものごよみ 季節の食材で作るワインに合うレシピを紹介 平野由希子の日本ワインと料理の幸福な食卓 男たちのおやつ事情 おやじのおやつ 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング!

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.