月夜の晩に成虫となったツチハンミョウが地中から這い出してくる幻想的な絵。『つちはんみょう』より。卵から孵った4,000匹の幼虫のうち、生き残れるのはわずか1~2匹だけ。ほのかな月明かりに浮かぶツチハンミョウの背中には、舘野氏が10年を費やした観察の中で感じた、深い孤独とたくましさが宿る
©2016, HIROSHI TATENO, ‘OIL BEETLE’
記事本文に戻る

人気記事

ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」 ギフトコンシェルジュがおすすめする季節の贈り物 真野知子の贈りものごよみ 男たちのおやつ事情 おやじのおやつ 入門者から上級者まで歌舞伎の世界を案内する「歌舞伎への扉」 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング!

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.