滑走路の果てから、エストニアの未来に向かって勇敢に立ち上がるミュージアムの屋根を眺める。
独特の硬いコンクリートを踏みしめる足もとから、世界にたったひとつしかない場所の記憶が、
強く感じられる地点だ。冬の間は滑走路が白銀で閉ざされるが、
「それはそれで美しいものがありますよ」と田根は言う。
その言葉は負の遺産を美に変えることすらできる、建築が持つ力への礼にも聞こえた
PHOTOGRAPH BY TAKUJI SHIMMURA
記事本文に戻る

人気記事

高木教雄の時計モノ語り 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング! ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」

LATEST ISSUE

Women's Fashion

March 27, 2021

購読申込

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.