「子どもの頃、叔母の家でよくレコードを聴いた。パーラメント/ファンカデリックに衝撃を受けた。『Trans-Europe Express』(1977 年/クラフトワークがスタジオで制作した6枚目のアルバム)の登場もこの頃。『アトランティス』はまるで泡の中にあるような音楽一色の共同体だった。お決まりの曲が流れると、その場でミュージカルが始まるんだ。演者になるもよし、聴衆になるもよし」

©ALAMY/AMANAIMAGES
記事本文に戻る

FEATURE

人気記事

手しごと案内人・樺澤貴子の日本のローカルトレジャーを探す旅 生き方がスタイルになる。素敵を更新しつづけるひと 我、装う。ゆえに我あり。栗山愛以、モードの告白 京都人・天野準子の「これ、おいしいから食べよし」 パリのパティシエ 長江桂子さんにお菓子を習う 男たちのおやつ事情「おやじのおやつ」
LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Luxury

November27,2023

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.