夜のコース料理から。左は「里いものフライ」。蒸して昆布だし、みりん、しょうゆを半日含ませてから揚げる、右は「春菊と柿の白和え」。ワインはポルトガル産ヴィーニョヴェルデの自然派。右は唐津の作家、府川和泉の高台。器好きで、「お店をやっている理由のひとつに、器をたくさん買えるから」と笑う
PHOTOGRAPH BY YUKO UEHARA
記事本文に戻る
連載「歌舞伎への扉」 ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング! 高木教雄の時計モノ語り 男たちのおやつ事情 おやじのおやつ

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.