庭園のシンボルである三重塔。大正14年、山縣有朋の後に主となった藤田平太郎が、広島県の竹林寺にあった壊れかけた塔を譲り受け、この地に移築・修理。建築時期は不明だが、室町時代初期の部材が使われている美しい建築
COURTESY OF HOTEL CHINZANSO TOKYO
記事本文に戻る

人気記事

ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」 男たちのおやつ事情 おやじのおやつ 入門者から上級者まで歌舞伎の世界を案内する「歌舞伎への扉」 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング! 高木教雄の時計モノ語り

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.