約400点の衣服を、まさに森のように配した「森」の展示室。流行にとらわれない服づくりというミナ ペルホネンの理念に基づき、制作されたシーズンを区別せず、展示されている。真ん中に立つのはデザイナーの皆川明。展示構成は建築家の田根剛、グラフィックデザインは葛西薫が担当。こうした過去の展覧会に関わってきたクリエイターとも“つづく”を共有しながら、本展は構成されていると皆川は話す
PHOTOGRAPH BY FUMINARI YOSHITUGU
記事本文に戻る

人気記事

高木教雄の時計モノ語り 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング! ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」

LATEST ISSUE

Luxury

November 27, 2021

購読申込

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.