フィリダ・バーロウ展示風景:《フィリダ・バーロウ:突堤 2014》デュヴィーン・ギャラリー、テート・ブリテン(ロンドン)2014年

第二次世界大戦で空襲に見舞われたロンドンには終戦後も廃墟が残り、子どもの頃に見たその風景が影響を与えたという作品。「破壊と修復が私の彫刻のプロセスです」(フィリダ)

COURTESY OF HAUSER & WIRTH, PHOTOGRAPH BY ALEX DELFANNE
記事本文に戻る

人気記事

ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング! 高木教雄の時計モノ語り

LATEST ISSUE

Design & Luxury

June 01, 2021

購読申込

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.