『やまと絵』展より。
(左)《浜松図屛風》(左隻・部分)、(右)《浜松図屛風》(右隻・部分)いずれも室町時代 15〜16世紀、東京国立博物館蔵、重要文化財。光り輝く浜辺に配された景物や人の営みは、古代、中世と変化していった「やまと絵」の集大成だとして、展覧会のメインイメージに。
記事本文に戻る

FEATURE

人気記事

手しごと案内人・樺澤貴子の日本のローカルトレジャーを探す旅 生き方がスタイルになる。素敵を更新しつづけるひと 我、装う。ゆえに我あり。栗山愛以、モードの告白 京都人・天野準子の「これ、おいしいから食べよし」 パリのパティシエ 長江桂子さんにお菓子を習う 男たちのおやつ事情「おやじのおやつ」
LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Design&Luxury

June 1, 2024

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.