これまで敬遠されてきた、野性的なタンポポ、侵略的なイタドリ、トゲのあるイラクサが脚光を浴びている。雑草を使った雲形アレンジメントは、ベルリンのフローリスト「メアリー・レノックス」のルビー・バーバーのトレードマークだ。
写真は複数のアレンジメントを組み合わせたもの。左から、ヒモゲイトウ(紐鶏頭)と生や乾燥の野草のアレンジ。日陰の存在から、温室育ちの高級生花にも負けない存在になったハグマノキをふんだんに使った作品。そして「アン女王のレース」とも呼ばれるノラニンジンの花
PHOTOGRAPH BY GUIDO CASTAGNOLI
記事本文に戻る

T JAPAN LINE@友だち募集中!
おすすめ情報をお届け

友だち追加

人気記事

FEATURE

LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Luxury

November 27, 2022

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.