hanakitanの「白梅と鶴のかんざし」

幸せが舞い降りますように、羽ばたく鶴に思いをのせて

はなかんし伝統工芸の「つまみ細工」の技法で、美しく凜とした作品を生み出す花簪師・宮あき子さん作の「白梅と鶴のかんざし」。こまやかで繊細な白梅と、羽ばたく鶴の生き生きとした力強さのコントラストが見事で、時がたつのを忘れてうっとり見つめてしまう。お正月や成人式、結婚式など和装のハレの日の思い出に花を添えるギフトとしてはもちろん、飾って愛でるだけでも豊かな気持ちになれる。

「白梅と鶴のかんざし」¥18,000
hanakitan
メール:kanzashi@hanakitan.jp
PHOTOGRAPH BY MASAKI OGAWA
記事本文に戻る

FEATURE

人気記事

手しごと案内人・樺澤貴子の日本のローカルトレジャーを探す旅 生き方がスタイルになる。素敵を更新しつづけるひと 我、装う。ゆえに我あり。栗山愛以、モードの告白 京都人・天野準子の「これ、おいしいから食べよし」 パリのパティシエ 長江桂子さんにお菓子を習う 男たちのおやつ事情「おやじのおやつ」
LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Luxury

November27,2023

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.