hanakitanの「白梅と鶴のかんざし」

幸せが舞い降りますように、羽ばたく鶴に思いをのせて

はなかんし伝統工芸の「つまみ細工」の技法で、美しく凜とした作品を生み出す花簪師・宮あき子さん作の「白梅と鶴のかんざし」。こまやかで繊細な白梅と、羽ばたく鶴の生き生きとした力強さのコントラストが見事で、時がたつのを忘れてうっとり見つめてしまう。お正月や成人式、結婚式など和装のハレの日の思い出に花を添えるギフトとしてはもちろん、飾って愛でるだけでも豊かな気持ちになれる。

「白梅と鶴のかんざし」¥18,000
hanakitan
メール:kanzashi@hanakitan.jp
PHOTOGRAPH BY MASAKI OGAWA
記事本文に戻る

人気記事

連載「歌舞伎への扉」 高木教雄の時計モノ語り 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング! ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」

LATEST ISSUE

Design & Luxury

June 01, 2021

購読申込

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.