原画展のプレス内覧会にて、完成された大型原画《裏切り者は常にいる》の前に立つ荒木。鑑賞者とキャラクターの融合を目指し、「観る者の目の高さが、絵に描かれた地平線(遠近法における消失点)に合うように作品を設置しました」と説明した
PHOTOGRAPH BY MIE MORIMOTO
記事本文に戻る

This article is a sponsored article by
''.