「作曲家の魂と波長を合わせる」クルレンツィスの指揮

テオドール・クルレンツィス
アテネ生まれ。ギリシャ国立音楽院で学び、1994年にロシアへ移住。リムスキー=コルサコフ記念サンクトペテルブルク国立音楽院で、イリヤ・ムーシンに師事。2004年から2010年まで、ノヴォシビルスク国立オペラ・バレエ劇場で首席指揮者を務め、2011年からはペルミ国立オペラ・バレエ劇場の芸術監督を務める
© KOICHI MIURA
記事本文に戻る

This article is a sponsored article by
''.