『存在のない子供たち』

ゼイン少年を演じたゼイン・アル=ラフィーアは、シリアから家族とともにベイルートに逃れ、学校にも行かず、10歳からスーパーマーケットの配達など、多くの仕事で家計を助けてきた。ラバキー監督は、類い稀なる彼のカリスマ性を「宝石」と呼ぶ
© 2018MoozFilms / © Fares Sokhon
記事本文に戻る

人気記事

入門者から上級者まで歌舞伎の世界を案内する「歌舞伎への扉」 男たちのおやつ事情 おやじのおやつ 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング! ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」 高木教雄の時計モノ語り

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.