国民的ドラマへの出演で注目された俳優は、役を演じ、絵を描き、ダンスも踊る。シンガーソングライターとしての顔も持つ多才な男は、次の一手を静かに待っている

PHOTOGRAPHS BY SASU TEI(W), STYLED BY TOMOKI SUKEZANE, EDITED BY SATOKO HATAKEYAMA

「おはようございます」とスタッフに一礼をし、彼は撮影スタジオに颯爽と入ってきた。挨拶を交わし雑談をする際の穏やかな語り口と、時折額にシワを寄せるクセは、3月まで放映されていた朝ドラの「八郎さん」そのもの。誠実で生真面目な役柄がまだ重なって見える。しかしそのイメージは、数分後にきれいさっぱりと裏切られることになる。カメラの前でしなやかな動きでポーズをきめてみせる姿は、シンガーソングライターとしての顔も持つアーティスト「松下洸平」そのものだったからだ。

画像: 松下洸平(KOHEI MATSUSHITA) シャープなフェイスラインとバランスのとれた頭身で、どんな着こなしもサマになる松下。聞けばこの世界に入る前に、ファッションブランドの販売職をしていたことがあるとのこと。ギンガムチェックのシャツにネイビーのTシャツを重ねたスタイルが、さらりとなじむ シャツ¥28,000、Tシャツ¥15,000/コム デ ギャルソン・オム コム デ ギャルソン TEL. 03(3486)7611

松下洸平(KOHEI MATSUSHITA)
シャープなフェイスラインとバランスのとれた頭身で、どんな着こなしもサマになる松下。聞けばこの世界に入る前に、ファッションブランドの販売職をしていたことがあるとのこと。ギンガムチェックのシャツにネイビーのTシャツを重ねたスタイルが、さらりとなじむ

シャツ¥28,000、Tシャツ¥15,000/コム デ ギャルソン・オム
コム デ ギャルソン
TEL. 03(3486)7611

「もともとは音楽をやっていたのですが、他に夢中になれることはないかと模索していたときに、ミュージカルのオーディションを受けてみないかと誘われたのが俳優を目指そうと思ったきっかけです。それまでの音楽活動では、お客さんがなかなか集まらなくて苦しいときがありました。なのでミュージカルの舞台に立ったとき、共演者のファンの方々がほとんどでしたが、劇場が満席という状況が本当にうれしくて、楽しくて。多くの方に自分を見ていただける喜びに加え、役柄で自分の気持ちが大きく動くことにも魅力を感じて、芝居を続けたいという思いが強くなりました」

画像: 異なるテイストの花柄を、シックなトーンで組み合わせる技法は、ドリス ヴァン ノッテンらしいウィットを効かせたスタイル。俳優と音楽家というふたつの顔を持つ松下洸平の姿勢にも重なって見える シャツ¥48,000、パンツ¥74,000、サンダル¥106,000/ドリス ヴァン ノッテン TEL. 03(6820)8104

異なるテイストの花柄を、シックなトーンで組み合わせる技法は、ドリス ヴァン ノッテンらしいウィットを効かせたスタイル。俳優と音楽家というふたつの顔を持つ松下洸平の姿勢にも重なって見える

シャツ¥48,000、パンツ¥74,000、サンダル¥106,000/ドリス ヴァン ノッテン
TEL. 03(6820)8104

 音楽家から俳優に活動をシフトする際、葛藤やとまどいはなかったのか? という問いには「やりたいという気持ちと、勢いもあったのでまったく」と笑ってみせた松下。いったん音楽活動を休止し、そこからの10年は舞台やミュージカルを中心に多くの作品に出演。2018年の舞台作品「母と暮せば」で第73回文化庁芸術祭演劇部門にて新人賞を獲得。また、同作と、同年のミュージカル「スリル・ミー」で第26回読売演劇大賞優秀男優賞と杉村春子賞を受賞。演技力への評価は着実に高まっていった。

そして翌2019年に獲得したのが、NHK連続テレビ小説のヒロインの相手役だ。過去に三度ほどオーディションにトライするも実らず、ほとんど諦めかけていた松下が、4回目の挑戦で初めて意識したのが、力を抜いて等身大の今の自分を見てもらおうということだったという。
「求められるものを考えすぎるのではなく、10年間、舞台を経験してきた自分を信じて、気負わずに挑んだのが『スカーレット』のオーディションだったんです」

 

This article is a sponsored article by
''.